2017年07月18日 23:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 【エンジンをじっくり見る!】
日産「R35型GT-R」専用
「VR38DETT」の生産試作型!


生産試作型とは試作型と量産型の間のエンジン

sn170714-02-08.jpg

ニッサン大学校横浜校が所有するこのVR38DETT生産試作型は、錆びを防ぐことと展示用という意味合いもあり、実際に搭載されているエンジンとは異なる塗装が施されているという。

 生産試作型とは、工業製品においてパーツからすべて手作りの試作型と、実際に市販される量産型の間に位置づけられる。生産試作型はパーツを実際にラインで生産した上で匠が手組みするという量産型と同じ態勢で初めて製作されたエンジンのことをいう。R35型のボディに実際に搭載されたことはないが、ベンチテストで使われた可能性はあるそうだ。

 日産自動車大学校は全国に5校あるが、同エンジンを所有しているのは横浜校。モータースポーツジャパンのようなイベントで展示することも多いそうだが、教科書に載せられている一般的なイメージのターボと、市販車で実際に取り付けられているターボの違いを比較するといった特別授業でサンプルとして利用するそうである。

 またVR38DETTエンジンの07年当時のスペックは以下の通りだ。年々進化しており、17年式は最高出力419kW/6800rpm、最大トルク527N・m/3300-5800rpmまで強化されている。

種類・シリンダー数:DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程:95.5×88.4mm
総排気量:3799cc
圧縮比:9.0
最高出力:357kW/6400rpm(ネット値)
最大トルク:588N・m/3200-5200rpm(ネット値)
燃料供給装置:ニッサンEGI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料・タンク容量:無鉛プレミアムガソリン・74L

2017年7月19日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

関連記事