写真ビストロ SNAP×SNAP 【エンジンをじっくり見る!】
日産「R35型GT-R」専用
「VR38DETT」の生産試作型!

2017年07月18日 23:00 掲載

sn170714-02-01.jpg

日産のR35型「GT-R」専用のV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」。MSJ2017「日産自動車大学校ブース」にて撮影

 クルマは、その走りはもちろん、工業製品としてのデザイン性や、その中に詰め込まれた技術も魅力のひとつだ。さまざまなパーツで緻密に構成されており、各社各様のその時代における最先端の技術が投入されているが、中でもクルマ好きが熱い視線を最も注ぐのがエンジンだ。当コーナーでは今後、エンジンにスポットを当てて紹介していく。

 今回は、モータースポーツジャパン2017の日産自動車大学校ブースで展示されていた、日産のR35型「GT-R」に搭載されているV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」の生産試作型を紹介しよう。

 VR38DETTは、V型エンジンの「V」、GT-R専用の「R」、排気量が3800cc(正確には3799cc)の「38」、DOHCの「D」、電子制御の「E」、ツインターボの「TT」を意味する。

sn170714-02-02.jpg

日産のモータースポーツ部門NISMOがチューニングした「GT-R NISMO」のVR38DETTエンジン。銀座のNISSAN CROSSINGにて撮影。最高出力や最大トルクがアップされている。

sn170714-02-03.jpg

17年式のR35型GT-R。日産グローバル本社ギャラリーにて撮影。2007年に発表されたR35型も10年が経ち、そろそろ後継モデルのR36型が登場するというウワサもある。

→ 次ページ:
VR38DETTはGT-R初のV型エンジン!