写真ビストロ SNAP×SNAP 軽自動車のエンジンで時速420km超え!
ホンダ「S Dream Streamliner」

2017年04月27日 12:10 掲載

np170425-01-01.jpg

全長と全幅の比率がクルマよりも列車に近いので、新型の新幹線の先頭車両といっても通じそうなホンダ「S Dream Streamliner」。新幹線N700系の先頭車両に採用されている「エアロ・ダブルウィング」形状を思わせる、空力を最重視したデザインとなっている。

 4月15日・16日に、お台場で開催されたイベント「モータースポーツジャパン2017」で、ひときわ異彩を放っていた1台が、ホンダのスペシャルマシン「S Dream Streamliner」。同車は、「Mike Cook's Bonneville Shootout(マイク・クック・ボンネビル・シュートアウト)」の2016年大会で、FIA公認の世界記録を達成したマシンだ。

 同大会は、地上最速を目指す者たちの聖地「ボンネビル・スピードウェイ」で行われる。同スピードウェイは、米国ユタ州の北西部にある、海水よりも塩分濃度が濃いことで有名なグレートソルト湖の西にある。そこはかつて塩湖だったのだが今は干上がっており、その跡地の「ソルトフラッツ」と呼ばれる平原になっているのである。

 ボンネビル・シュートアウトは同スピードウェイで毎年9月に開催されており、2輪及び4輪の世界最高速を競うFIA公認のモータースポーツだ。2016年大会は現地時間で9月15~20日に開催された。

 そこに、日本からはホンダが参加。同社の子会社で研究部門の本田技術研究所 四輪R&Dセンターの若手有志で結成されたチームが出場したのである。

np170425-01-02.jpg

大会にて撮影されたS Dream Streamlinerとチームメンバー。16人が並んでおり、スケール感が伝わってくる。

→ 次ページ:
ホンダチームはいったいどんなマシンで挑んだのか?