2017年02月09日 11:10 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 8代目R32型はGT-Rだけじゃない!
日産「スカイライン 4ドア スポーツセダン GTS25 Type X・G」

2016年は日産・プリンスの合併50周年ということで、同年8月から17年1月いっぱいまで、日産グローバル本社ギャラリーの一角で特別展が行われた。ここでは、トリとして展示された1台である「4ドア スポーツセダン GTS25 Type X・G」を紹介する。

pa170209-01-01.jpg

「スカイライン」の8代目R32型の中にラインナップされた「4ドア スポーツセダン GTS25 Type X・G」。

 特別展は、プリンス時代のクルマおよび、合併後に元プリンスの技術者たちによって開発された日産車など、プリンス系のクルマを18車種、入れ替えながら展示するという内容だった。そのトリとして1月9日から31日まで展示されたのが、プリンス時代から現在の13代目まで60年の歴史を有する「スカイライン」の内、1983年登場の6代目(KDR30型)「ハードトップ 2000 ターボRS」(ターボRS)と、93年登場の8代目(R32型)「4ドア スポーツセダン GTS25 Type X・G」(GTS25)だった。「ターボRS」に続き、「GTS25」を紹介する。

pa170209-01-02.jpg

GTS25を正面から。7代目のR31型と比べると、セダンやハードトップもかなりスポーティなイメージとなった。

→ 次ページ:
続いてR32型スカイラインの特徴を紹介!