2017年02月09日 09:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 人気コミックでお馴染みの
AE86の型式を持つもう1台
トヨタ「カローラ レビン」


pa170207-01-01.jpg

カローラレビン GTV。30年以上前の車種だが、コミックの影響もあって今なお非常に根強い人気を誇る。

 現在、コミックの影響により、専門の中古市場までできてしまうほど人気が再燃している"ハチロク"。

 ハチロクとは型式の「AE86」に由来しており、車種名が異なる2車種がある。ひとつはコミックで大人気となった「スプリンター トレノ」で、もうひとつが今回紹介する「カローラ レビン(GTV)」だ。AE86型は1983年に登場し、今回撮影したレビンGTVは84年式である。なお、レビンとトレノの違いは、フロントマスクの形状ぐらいで、スペックはほぼ一緒だ。

 レビンもトレノも車重が1トンを切るライトウェイトスポーツであること、搭載している16バルブDOHC1.6リッターの「4A-GEU型」エンジンの吹け上がりの良さで定評があること、そしてFR駆動であること、またアフターパーツマーケットが充実していることなどの要素により、「走らせるのが楽しいクルマ」として人気を博した。

 なお、現行車種のトヨタ「86」、その兄弟車のスバル「BRZ」は、このハチロクの直接の後継車種ではないが、そのスピリットを継承して開発されたスポーツカーとして知られている。

 今回の撮影は、MEGA WEBで実施した(車両は同施設が所蔵)。

pa170207-01-03.jpg

カローラ レビンを後方から。

→ 次ページ:
カローラ レビンの勇姿を披露!