2017年02月01日 18:00 掲載

写真ビストロ SNAP×SNAP 伝説のアクションドラマが蘇る!
日産「スカイライン ハードトップ 2000 ターボRS」


80年代のポリスアクションドラマで活躍!

pa170201-01-03.jpg

ターボRSを側面から。

 またこのターボRSは、日産が車両を提供し、80年代に人気を博したポリスアクションドラマ「西部警察 PART III」において、「マシンRS」シリーズとして3台が登場。渡哲也が扮する大門圭介団長配下の刑事たちが搭乗してカーアクションを展開した。

 マシンRS-1、同2、同3はフェンダーミラーがドアミラーに、ホイールも純正からエンケイ製に変更され、そのほかにもボンネット上の左右端のフィンなどのエアロパーツやルーフ上のパトランプなど、一部に特殊パーツが追加されていたが(各車で仕様がわずかに異なる)、基本的には展示車両と同じ赤と黒のカラーリングのまま使用されていた。当時、番組を視聴していた40代以上の方なら懐かしいのではないだろうか。

pa170201-01-04.jpg

ターボRSを斜め後方から。

pa170201-01-05.jpg

ターボRSを前方から。

→ 次ページ:
ターボRSのスペックを掲載!