2020年04月10日 15:40 掲載

交通安全・防災 創設25年、進化し続けるJNCAP。予防安全「交差点」などを2023年度以降に追加

1995年から始まった、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)によるJNCAP(自動車アセスメント)。2020年度以降も新たな評価試験が追加されたり、評価方法が変更されたりするなど、常に進化し続けていく。そんな近い将来のJNCAPの新たな姿について、シリーズで解説する3回目は、2023年度以降に追加される予防安全性能評価の新たな試験を紹介する。

神林 良輔

 JNCAP(Japan New Car Assessment Program)は、新車を対象としたクルマの安全性能評価試験のことだ。JNCAPの試験は、安全性能を含めたクルマの基準を定めている保安基準よりも、さらに厳しい条件で実施されている。すべての市販車は保安基準で定められた安全性能をすでに満たしているが、JNCAPではメーカーに対してさらなる安全性能の追求を促すため、より厳しい試験を実施しているのである。そして結果はすべて点数化して公表し、ユーザーがより安全性能の高い車種を選べるようにしているのだ。

画像1。JNCAPの予防安全性能評価における、衝突被害軽減ブレーキ試験の様子。

画像1。JNCAPの予防安全性能評価における、衝突被害軽減ブレーキ試験の様子。

 現在、JNCAPでは、実際にクルマをクラッシュさせて乗員の安全性と歩行者への加害姓を調査する「衝突安全性能」と、事故を未然に防ぐ予防安全技術を対象とした「予防安全性能」(画像1)の2種類の評価試験が実施されている。評価試験に使うクルマは、ディーラーで抜き打ちの購入が行われ、試験は同一条件の下に厳正に行われる。結果は年に2回、前期として10~12月頃に、そして後期として翌年5月末頃に発表されている(予防安全性能評価は原則随時)

 「進化し続けるJNCAP」の第3回は、2019年度に公表された「令和元年度第1回自動車アセスメント評価検討会 資料5-1 自動車アセスメントロードマップ(2018)改訂版」(以下ロードマップ)に基づき、2020年度以降に導入が検討されている新たな評価試験から、予防安全性能評価に属するものを紹介する(画像2)。

画像2。国土交通省「令和元年度第1回自動車アセスメント評価検討会 資料5-1 自動車アセスメントロードマップ(2018)改訂版」より作成2025年までのJNCAPロードマップ。

画像2。国土交通省が公開している「令和元年度第1回自動車アセスメント評価検討会 資料5-1 自動車アセスメントロードマップ(2018)改訂版」を基に作成した2025年度までのJNCAPのロードマップ。

衝突被害軽減ブレーキに「交差点」が2023年度に追加

 2019年度の予防安全性能評価試験141点満点の配点において、衝突被害軽減ブレーキ系には約80%にあたる112点が与えられている。市販車に搭載されている予防安全技術の中で、衝突被害軽減ブレーキは対車両に関しては衝突事故を未然に防ぐことや、被害を軽減することが明確になっている。

 衝突被害軽減ブレーキは、クルマの安全性能を高めるのに必須の技術となっており、2020年現在、軽自動車やコンパクトカーなどの普及価格帯の車種にも搭載されるようになった(画像3)。一部のスポーツカーなどを除けば、現行車種のほとんどに搭載されているといっていいだろう。

画像3。衝突被害軽減ブレーキは、現在では画像のダイハツ「タント」のように軽自動車にも普及している。

画像3。衝突被害軽減ブレーキは、現在では画像のダイハツ「タント」のように軽自動車にも普及している。

 2021年度の対自転車に続き、2023年度から始まる衝突被害軽減ブレーキ系の新しい評価試験が「交差点」だ。ただしNASVAでもこれから事故実態を調査・研究し、どのような試験内容が最も有効かを見極めていくところなので、詳細はまだ決まっていないという。

 対車両なのか対歩行者なのかも現時点では不明だが、これまでの衝突被害軽減ブレーキ系の評価試験が直進で実施されているのに対し、「交差点」では初めての直進以外での実施も検討しているという。このことから、右左折となる可能性が考えられる。ちなみに一部メーカーの新型車は、右左折時の対向車や横断歩道を渡ってくる歩行者などにも衝突被害軽減ブレーキが対応している。

 そして交差点で発生した死亡事故に関してだが、警察庁が発表した「令和元年中における交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」(以下「交通死亡事故の発生状況」)によれば、クルマ同士の事故は出合い頭事故が400件で最多だ。次点が152件の右折となる。また出合い頭事故においては、信号機のない交差点での事故が225件と、半数以上を占めていた。一方、クルマ対歩行者の死亡事故に関しては、「交通死亡事故の発生状況」に"横断歩道を横断中"という分類はあるが、それがどのような状況での事故かまでは分類がないため詳細は不明だ。

 交差点・衝突被害軽減ブレーキ評価試験のスケジュールは、2020年度の調査・研究からスタート。2021年度の試験・評価方法検討、2022年度の予備試験を経て、2023年度から正式な評価試験が開始となる予定だ。

→ 次ページ:
続いて2025年度から追加される可能性のある試験について

JNCAP関連の記事