2018年03月27日 16:46 掲載

読者プレゼント & 展覧会情報 【2018/3/20~4/18】
猫を愛し描いた画家のユニークな眼差し「猪熊弦一郎展 猫たち」


00_nekotachi_00.jpg

猪熊弦一郎 題名不明 1987年 インク・紙 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation

 無類の猫好きの画家・猪熊弦一郎(いのくま げんいちろう)が描いた猫の作品の展覧会「猪熊弦一郎展 猫たち」が、東京の「Bunkamura ザ・ミュージアム」にて4月18日まで開催中である。

猪熊弦一郎とは?

 猪熊弦一郎(1902~1993)は、三越の包装紙「華ひらく」のデザイン(1950年)やJR上野駅の大壁画《自由》(1951年)といった作品で知られている。
 1938~1940年にフランスに滞在しアンリ・マティスに指導を受けた。1955年再びパリへ向かう途中、立ち寄ったニューヨーク(NY)に魅了され、そのまま留まり20年間あまりNYを拠点に活動する。この滞在で画風は具象から抽象へと変化した。帰国後は東京とハワイを行き来し、90歳で死去するまで生涯現役で制作を続けた国際的な画家である。

00_nekotachi_01.jpg

猪熊弦一郎(1902-1993) 撮影:高橋章

 猪熊はNYに滞在し抽象画に専念した期間を除き、生涯にわたり猫を描いてきた。いちどに1ダースの猫を飼っていたというほど愛猫家であった彼の芸術に、猫はインスピレーションを与え続けた存在だった。
 彼のNY時代の抽象画作品を集めた展示コーナー『猪熊弦一郎の世界』を見れば分かるように、猪熊の作品は猫だけに留まらない。この企画展では、モチーフとしても私生活でも作家にとって重要な存在であった猫への視線を通して作家の人となりを知ることができるのが興味深い。また、マティスの影響が見える作品、展示コーナー『モニュメンタルな猫』での新しいスタイルを確立しようと幾何学的で抽象的な作品を試した50年代など、さまざまな創作に挑戦した画業の変遷が猫を通してうかがえるユニークな展覧展である。

妻・文子と猫

00_nekotachi_02.jpg

猪熊弦一郎 《青い服》 1949年 油彩・カンヴァス 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation

 猪熊はひと目ぼれして結婚したという妻・文子と猫を組み合わせた作品を多く遺している。猫との出会いも猫好きだった妻を通してで、一緒に暮らすようになると自然に猫とも暮らすようになったという。《青い服》は戦後、田園調布で再び暮らしはじめた当時のもので、太い線のやわらかなタッチとカラフルな色彩にパリで師事したアンリ・マティスの影響がみられる。細部を省略し色面によって画面が構成されている画風は、猪熊が色と形のギリギリのバランスを追求していたからであるという。

00_nekotachi_03.jpg

猪熊弦一郎 《妻と赤い服》 1950年 油彩・カンヴァス 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation

→ 次ページ:
描く対象は愛するもの