2019年08月23日 12:10 掲載

旧車 「ギャランGTO」に「ギャランクーペFTO」も!三菱車のイメージを一新させた「コルトギャラン」とその仲間たち

1960年代の三菱の主力車種だった「コルト」の名を継ぎ、1969年に誕生した「コルトギャラン」。「ギャラン」シリーズの始まりと、そこから派生したスペシャリティクーペの「ギャランGTO」と「ギャランFTO」を集めてみた。三菱車のイメージを一新させ、大ヒットした名車に迫る。

タグ:

神林 良輔

三菱「コルトギャラン」&「ギャランGTO」&「ギャランクーペFTO」を集めてみた!

 三菱自動車そのものが誕生するのは1970年のことだが、三菱としてのクルマ作りはその半世紀以上前にスタートした。1917年に当時の三菱グループの中核企業である三菱合資会社が造船部門を分社化させ、三菱造船として独立。独立したその年に三菱造船は「三菱A型」(日本初の量産乗用車とされる)の製作を開始し、三菱のクルマ作りの歴史がスタートするのである。その後、三菱造船は三菱重工業と名を改め(同車は1950~64年の間は3社に分割)、1970年にその自動車部門が独立して、現在の三菱自動車が誕生するのだ(販売を担当する三菱自動車販売は1964年に誕生)。

 話は10年ほど遡り、まだ三菱重工時代の1960年に誕生したのが初のオリジナル乗用車「三菱500」である。493ccのエンジンを積んだコンパクトカーで、これにより三菱は小型乗用車市場に参入を果たす。そして、1962年に世に送り出されたのが「コルト600」だ。同車はレースでも活躍し、それ以降「コルト」シリーズは三菱の主力として、複数の車種が発売されていく。そんな「コルト」の名を受け継ぎながらも、1969年12月に新たなコンセプトのもとに誕生したのが「コルトギャラン」だった。それ以降、長く三菱の主力セダンとして活躍することになる初代「ギャラン」である(2代目から「コルト」の冠が外された)。

三菱 コルト1500スーパースポーツ|mitsubishi colt 1500 super sports

「コルト1500 スーパースポーツ」。「コルト」シリーズの拡充を目的として、1965年10月に誕生したのが「コルト1500」だ。1963年に誕生した「コルト1000」と、翌64年に誕生したフラッグシップモデル「デボネア」の中間に位置する。スタイリングは「コルト1000」を継承し、全長とホイールベースを拡大。排気量1498ccの直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は70馬力、最高速度は時速140kmをマークした。上画像のモデルは68年8月に追加された、よりスポーツ色が強められた「スーパースポーツ」。この「コルト1500」の後継モデルが「コルトギャラン」である。

日本のモータリゼーションの進展を見据えて開発された「コルトギャラン」(1969~1973)

三菱 コルトギャラン 1969年式|mitsubishi colt galant 1969 model year

A52型「コルトギャラン AII」1969年式。ギャランとは英語で"勇敢な"という意味を持つ「gallant」にちなんでいる(「ギャラン」のスペルは「GALANT」)。ただし「コルト」と結音が被ることからフランス語読みとし、末尾の"T"を発音しないようにしたそうである。「オートモビルカウンシル2018」にて撮影。

 1969年5月に東名高速・東京~愛知県小牧市までの全線が開通するなど、1960年代も後半になると、日本では本格的にモータリゼーションが進展していった。自動車メーカー各社はそれを見越した新型車を投入。三菱(この時代はまだ三菱重工)は、70年代を迎えるにあたり、クルマの性格と役割が大きく変転すると推察。単なるステータスシンボルとして所有するだけでも意味があった時代から、いかに生活に密着した形で使用するかが問われる"パーソナルカー"の領域に入るとしたのである。その答えとして1969年12月1日から販売を開始したのが、三菱初のパーソナルカーである「コルトギャラン」だった。従来の「コルト」シリーズに対し、外見の美しさ、性能、居住性、静音性、豪華さを追求したコンセプトが特徴だった。海外販売も想定しており、クライスラーとの契約により、北米では翌1970年から販売された。

 「コルトギャラン」と従来の「コルト」シリーズとの大きな違いは、まずそのスタイリングにある。「コルト」シリーズは決して不人気というわけではなかったが、開発陣は"失敗"と判断。その最大の理由としたのが、よくいえば"質実剛健"、悪くいえば"地味な"シンプルすぎるスタイリングだった。そうしたイメージを刷新するために抜擢したのが、実は巨匠ジョルジェット・ジウジアーロである。ジウジアーロのデザインをそのまま採用するのではなく、彼のデザインの意匠を活かしつつ、当時の流行だったウェッジシェイプにまとめ上げたのが三菱社内のデザインチームだった(同社では「ダイナウェッジライン」と呼ぶ)。「コルトギャラン」はこれにより、大きく三菱車のイメージを変えることに成功。販売台数を一挙に伸ばし、大成功を収めたのであった。

三菱 コルトギャラン 1969年式|mitsubishi colt galant 1969 model year

「コルトギャラン AII」のリアビュー。全長4080×全幅1560×全高1385mm、ホイールベース:2420mm、トレッド前1285/後1285mm、車重845kg。搭乗人員5名。排気量1499cc・水冷直列4気筒4エンジン「4G31型」、最高出力95ps/6300rpm、最大トルク13.2kg・m/4000rpm。サスペンション前・スタビライザー付きダブルサポート型ストラット/後・ダブルリーフ。ブレーキ前ディスク/後ドラム。最高速度時速160km、0→400m加速17.9秒。

 また車内の広さも特徴で、1300ccと1500ccながら、1600cc車を上回る余裕があった。前席レッグスペース、後席ヘッドクリアランスにもゆとりがあり、トランクも大容量を確保。そのほかの特徴としては、事故対策が挙げられる。事故を未然に防ぐための第1次対策、乗員を衝突の衝撃から保護するための第2次対策、歩行者を保護するための第3次対策など、高速走行を前提とした、国際水準の77項目の安全対策が施されていた。

 そして「コルトギャラン」のエンジンは、"宇宙時代の高性能と信頼性を持つ"という意味合いで、土星を意味する「サターン」シリーズが新たに開発された。同社初のSOHC機構を採用したほか、完全燃焼を追求したというMS型燃焼室(※1)、クロスフロー式インテーク&エキゾーストシステム(※2)、吸気加熱装置、ダブル5ベアリングなど、当時の三菱重工が持てる技術を結集した高機能・高出力型エンジンである。エントリーグレードの「AI」には1289ccの「4G30型」(最高出力87馬力/最大トルク11.0kg・m)が、その上の「AII」には1499ccの「4G31型」(最高出量95馬力/最大トルク13.2kg・m)が搭載された。最上位グレードの「AIIGS」には、4G31型にツインキャブレターと高速型点火装置が採用され、最高出力105馬力、最大トルク13.4kg・mを実現。モータースポーツでも活躍できるスペックだった。

※1 MS型燃焼室:ロングストロークにより実現した理想的半球形の最小表面積燃焼室
※2 クロスフロー:シリンダーヘッドの吸排気形式のひとつ。左右に吸気と排気のポートが分割して設けられており、吸気から排気の空気の流れが一方通行に流れていくタイプのこと。

三菱 コルトギャラン AIスポーツ 1969年式|mitsubhishi colt galant a1 suports 1969 model year

「コルトギャラン AIスポーツ」1969年式。「コルトギャラン」は1972年の第7回サザンクロスラリー(オーストラリア)でグレード「16-GS」が総合優勝するなど、国内外のラリーで活躍して人気を博したことから、現在でもラリースタイルの車両を所有しているオーナーがいる。「オートジャンボリー2019」にて撮影。

 「コルトギャラン」は当初4ドアセダンのみが設定されたが、1970年になってから2ドアハードトップやエステートバンが追加設定され、さらに派生モデルとしてクーペタイプの「ギャランGTO」や「ギャランFTO」といったスペシャリティカーも誕生していった。その後、マイナーチェンジが行われ、ヘッドランプが角目2灯から丸目4灯となり、フロント部分の意匠を大きく変更。また、さらにその後にはエンジンも強化され、1289ccの4G30型は1439ccの4G33型に、1499ccの4G31型は1686ccの4G34型に載せ替えられた。そして1973年5月にフルモデルチェンジし、通称「ニューギャラン」と呼ばれる2代目「ギャラン」が登場、「コルトギャラン」は歴史上のクルマとなったのである。

三菱 コルトギャラン AIIGS 1970年式|mitsubhishi colt galant a2 suports 1970 model year

「コルトギャラン AIIGS」1970年式。最上位グレードとして、1500ccエンジンにホリゾンタル(サイド)ドラフトタイプの英SU(スキナーズ・ユニオン)社製可変ベンチュリー式ツインキャブレターと、高速型点火装置を採用した"最強の"サターンエンジンを搭載している。最高出力105ps/6700rpm、最大トルク13.4kg・m/4800rpmにより、最高速度は時速175km、0→400m加速は16.9秒をマークした。「AIIGS」は、ラリーへのエントリーを想定したスポーツセダンで、さらに性能をアップできるスポーツキットも豊富に用意されていた。画像は丸目4灯であることから、マイナーチェンジ後のモデルであることがわかる。「オートジャンボリー2019」にて撮影した。

→ 次ページ:
続いてはスペシャリティクーペ2車種に迫る!

三菱の旧車関連の記事