旧車 【トヨタ博物館 クラシックカー・フェス 2018】(2)
動画で見る1950年代の名車たち。「ミニ」など、辞典なみの情報量で紹介!

開館30周年を迎えたトヨタ博物館。そんなトヨタ博物館が2001年から東京で開催しているクラシックカーと旧車の祭典「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑 2018」だ。そのリポート第2弾は、1950年代の輸入車13車種を紹介しよう。

2018年12月12日 12:00 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

 ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見据え、日本の自動車文化を育んでいくことを目的としたクラシックカーと旧車の祭典「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑 2018」。そのリポート第2弾は、MG「ミジェット TD」1953年式から、モーリス「ミニ マイナー」1959年式まで、1950年代の13車種を取り上げる。

【2018年のリポート一覧・すべて動画あり!】

車種別インデックス:70台強のクラシックカー記事がすぐに見つけられる!
第1弾:戦前~1940年代半ばまでの全8台を紹介!動画あり。ロールス・ロイス「ファントムI」が優美だった
第3弾:ピックアップ型「ランクル」など、1960年代、魅惑の日本車を集めてみた! 前編
第4弾:1960年代後編は、ホンダ「S800」やいすゞ「ベレット 1600GT」など国産の名車を集めてみた!
第5弾:1970年代前編:クラウン、フェアレディ、グロリア、ff-1、ジムニーなど!
第6弾:1970年代後編:初代「カローラ レビン」やケンメリ「スカイライン」など!

動画1:MG「ミジェットTD」~ロータス「Mk XI」

1950年代のクルマの走行動画その1は、MG「ミジェット TD」、AC「ACエース ブリストル」、MG「MGA フィクスドヘッドクーペ」、オースチン「A35 カントリーマン」、ロータス「Mk XI」の5台。再生時間2分7秒。

戦前のスタイルをとどめたMG「ミジェット TD」

 英国発祥のMGは"モーリス・ガレージ"の略とされ、会社組織として発足したのは1920年代末。英モーリスのクルマのスポーツ版を製造することを目的として誕生した。その後、大企業に吸収されるなどして消滅していた時期もあったが、現在は経営母体を変えてブランドとしては復活している。

 「ミジェット TD」はTタイプの1台で、リポートその1で紹介した、今回参加した中では唯一の1940年代のクルマであるMG「ミジェット TC」の近代化を図ったモデルだ。この頃はクルマのスタイリングにおける端境期であり、これ以降は近代的なデザインが主流となっていく。今回の1950年代13車種のうち、戦前のクラシックなスタイルを採用しているのはこの「ミジェット TD」のみである。

MG ミジェット TD|mg midget td

「ミジェット TD」1953年式。Tタイプの戦前型である「ミジェット TB」の居住性を拡大したのが戦後型の「ミジェット TC」で、タイヤを小径化するなど、さらに近代化を推し進めたのがこの「ミジェット TD」。「TC」と「TD」はスタイルが酷似している。

「ACコブラ」の原型のAC「ACエース ブリストル」

 1901年に誕生し、英国最古の自動車メーカーのひとつに数えられるACカーズ。ACとはAuto Carrierの略とされるが、Auto Carという意味合いもあったようだ。

 「ACエース」は、そんなACカーズが生み出したライトウェイトスポーツで、モータースポーツでも大いに活躍した。中でもこの「ACエース ブリストル」は希少なモデルで、ブリストル製の直列6気筒・2Lエンジンを搭載している。この車両は「ACエース ブリストル」の2番目の車両とのことだ。

AC ACエース ブリストル|ac acace bristol

「ACエース ブリストル」1956年式。この「ACエース」のボディに、米国人レーサーのキャロル・シェルビーが調達したフォード製V8エンジンを搭載して、名車「ACコブラ」が誕生するのである。「ACコブラ」とそのレプリカ車に関しては、別記事『時代を超えた存在感。 60年代の英国製スーパーカー "ACコブラ・レプリカ" を見た!』に詳しい。

一気にモダナイズされたMG「MGA フィクスドヘッドクーペ」

 MGは「ミジェット TD」の後、同じ1953年のうちにTシリーズの最終モデルの「TF」を送り出す。そして1955年になると、大きくボディのデザインを近代化させた「MGA」をデビューさせる。

 当初「MGA」は、2シーター・オープンカーだったが、1956年になってこのクローズドボディのクーペモデル「MGA フィクスドヘッドクーペ」も登場させる。この流線形のボディは人気を呼び、ヒットしたという。

MG MGA フィクスドヘッドクーペ|mg mga fixed-head coupe

一気にボディのデザインが近代化された「MGA」のクーペモデル「フィクスドヘッドクーペ」1956年式。非常に美しい曲面が人気の1台である。

英国の人気クレイアニメで活躍! オースチン「A35 カントリーマン」

 英国の自動車メーカーの栄枯盛衰と吸収合併の歴史は少々複雑だ。モーリスがウーズレーとMGを吸収してナッフィールド・オーガニゼーションとなり、そこに合併したのがオースチン。当時の英自動車メーカー2大巨頭の合併により、「ミニ」で知られるBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が誕生するというのが、戦前から1950年代初頭にかけての大まかな流れである。

 BMC誕生後もオースチンはモーリスと共にブランドとして使用され、この「A35 カントリーマン」が誕生した1956年の時点でオースチンはブランド名である。「A35 カントリーマン」はセダン「A35」のステーションワゴンタイプとして誕生した。

オースチン A35 カントリーマン|austin a35 countryman

「A35 カントリーマン」1956年式。とぼけた発明家のウォレスと、その相棒で犬のグルミットがさまざまな騒動を巻き起こす英国のクレイアニメ「ウォレスとグルミット」では、この「A35 カントリーマン」が活躍する。

レーシングカー・ロータス「Mk XI」

 「Mk XI」(マークイレブン)は創業間もない頃のロータスにおいて、天才的なエンジニアであり、創業者であるコーリン・チャップマン(1928~1982)自らの手によって開発されたレーシングカーだ。この「Mk XI」は1956年式で、当時チーム・ロータスのワークスドライバーのトム・ディクソンが英国のレースで14戦7勝を挙げた。

 シングルシーターのレーシングカーとして開発され、モータースポーツシーンで成功を収めたモデルである。この「Mk XI」は公道走行が可能となっており、とても希少だという。空力を意識してデザインされたと思われる、流麗なフロントセクションが美しい1台である。

ロータス Mk XI|lotus mk xi

「Mk XI」は鋼管フレームにアルムボディを搭載。エンジンは、排気量1098ccのコベントリー・クライマックス製水冷直列4気筒SOHCを搭載し、最高速度は時速200km超。ル・マン24時間レースなどで活躍した。全高は810mmしかなく、車重に至っては412kg。

→ 次ページ:
フェラーリ 「ディーノ 196S」からベントレー「S1 フーパー」まで!