次世代技術 ホンダ初のEV「Honda e(ホンダ イー)」の全景がついに明らかに! 走行距離200km以上、後輪駆動で登場。

ホンダは2月27日、3月5日から開幕するジュネーブ・モーターショーでお披露目予定の同社初のEV(電気自動車)、「Honda e(ホンダ イー)」に関する最新情報を公開した。

2019年03月01日 02:27 掲載

JAF メディアワークス IT Media部 秋月新一郎

ホンダ初のEVは走りにも注目!

 ホンダが今年後半の発売を目指し開発を進める同社初のEV。既報の通り、フロントマスクとインテリアがこれまで発表されてきたが、今回ついにその全景を捉えた写真が公開された。

 そのスタイリングは、2017年のフランクフルト・モーターショーで発表されたコンセプトモデル「Honda Urban EV Concept(アーバン・イーブイ・コンセプト)」をベースとし、レトロポップなデザインはそのままに量産化を視野に入れた極めて現実的な仕上がりとなっているのが特徴だ。

 ポップアップ式のドアハンドルや、従来のサイドミラーの役割を持つ「サイドカメラミラーシステム」といった先進機能を積極的に取り入れたほか、直感的かつマルチタスクの操作が可能な大型ディスプレーを採用し、新時代のクルマであることを十分に感じさせる。今回、車名も新たに「Honda e(ホンダ イー)」と命名された。

 Honda eのプラットフォームは、ホンダがEV専用に新規に開発したものだ。コンパクトなボディーながらロングホイールベースと短いオーバーハングを実現し、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を両立した、と同社は説明する。走行距離は200km以上(WLTP)を達成し、30分で80%まで充電が可能な急速充電にも対応しているという。

 そして今回発表された情報のなかで最も興味深かったのが、このクルマが後輪駆動(!)でデビューするということ。公開されたプロトタイプの写真を見ると、タイヤはミシュラン・パイロットスポーツを履いており、走りの楽しさを重視した設計となっているようだ。往年のホンダ・ファンも、これは期待せずにはいられないのではないだろうか。

 なお、ワールドプレミアは3月5日から開幕するジュネーブ・モーターショーにて行われる。日本でのお披露目は、今秋に開催される東京モーターショーになるだろうか。発売が待ち遠しい1台だ。