2018年11月16日 01:53 掲載

ニュース・プラス 全国の新聞社が選んだ「こんなのあるんだ!大賞2018」発表! 受賞商品は見たことないものばかりだった!


JAFメディアワークス IT Media部 大槻 祐士

181114-20-1.jpg

「こんなのあるんだ!大賞2018」では、47CLUBで販売されている商品の中から大賞が選ばれた。

 株式会社47CLUB(東京都中央区)は11月13日、全国の新聞社が選んだご当地商品から大賞を決める「こんなのあるんだ!大賞2018」の全国大会を開催した。

「こんなのあるんだ!」とうなる商品を発掘!

181114-20-10.jpg

11月13日に開催された全国大会の表彰の様子。

 「こんなのあるんだ!大賞」とは、全国の新聞社45社46紙の担当者が、地元の街やお店を実際に訪れて見つけた「こんなのあるんだ!」とうなる商品の中から大賞を決める大会。全国を6ブロックに分けた地方予選で勝ち抜いた、各ブロックの代表商品を最終候補として全国大会を行う。全国大会では、商品のプレゼンテーションを行い、会場に集まった全国の新聞社による投票で大賞を決定、表彰する。

181114-20-3.jpg

2017年の大賞「杵つき餅カレー」(左)と2015年の大賞「華貴婦人」(右)。右は、ピンク色の醤油を食品にかけているところ。この色は赤ビーツ由来なのだという。

 同大会はこれまでも、赤ビーツを使ったピンク色の醤油「華貴婦人」(鳥取県・2015年大賞)、きねでついた餅の入った新しいレトルトカレー「杵つき餅カレー」(愛知県・2017年大賞)など個性的な商品を発掘してきた。5年目となる今年はどんな商品が大賞の栄冠を勝ち取ったのだろうか。

「こんなのあるんだ!大賞2018」の受賞商品はこちら!

2018年の受賞商品を紹介していこう。

☆大賞☆ 結の香 YUNOKA(岡山県)

181114-20-4.jpg

 「結の香 YUNOKA」は、和紙の原料であるミツマタから和紙を製造する過程で生じる抽出物を活用した美容液。和紙を製造する紙すき職人の手が、素手で作業しているにも関わらず綺麗であることに着目して、株式会社エイチケイ商会(岡山県真庭市)と岡山理科大学が共同研究を実施して誕生した。

 ミツマタ抽出エキスには、優れたメラニン生成抑制作用があり、肌に透明感が生まれるという。化粧品原料として世界で初めてミツマタから抽出したエキスとしてINCI名(化粧品原料の国財命名法)を取得し、現在特許を出願中。今まで誰も気付かなかったミツマタ抽出エキスの有用性を見つけて商品化した、まさに「こんなのあるんだ!」という化粧品である。

☆北海道・東北ブロック賞☆ 北三陸タコとんびバル(岩手県)

181114-20-5.jpg

 「北三陸タコとんびバル」は、ミズダコの産地として有名な岩手県北三陸産のタコの口「タコとんび」を使用したおつまみ。タコの口なので、もちろん1匹のタコから1つしかとれないため、希少部位の珍味だという。

 開発者によると、タコの旨味を引き出す調理法を2年余りにわたって試行錯誤した結果、燻製とレモンの風味が香る味にたどり着いたそうだ。

☆北信越ブロック賞☆ 金ノ梅ノ美 「黄金の梅」のまるごと生ゼリー(福井県)

181114-20-6.jpg

 「金ノ梅ノ美 「黄金の梅」のまるごと生ゼリー」は、福井県南条郡河野にて樹上で完熟するまで待ってから収穫する「黄金の梅」をまるごと1個入れた贅沢なゼリー。完熟することで甘味と香りが増した肉厚な梅は、とてもフルーティーだという。たいていの果実は、流通日数を逆算し、完熟前に収穫するもの。樹上で完熟を待つという贅沢な梅は地元の人だけのものだっただろう。

☆関東ブロック賞☆ ツルミのカツ煮まん(栃木県)

181114-20-7.jpg

 「ツルミのカツ煮まん」は、創業50年の老舗カツ丼専門店「ツルミ食堂」(栃木県)のカツ煮を生地で包んだ中華まん。50年間注ぎ足し注ぎ足し熟成された「秘伝のタレ」で仕上げたカツ煮は絶品だという。さらに、栃木県産の豚肉や卵、玉ねぎ、米粉を使擁している。地元を愛する想いとカツ丼に対する誇りが相まったオリジナルな中華まんである。

☆東海・近畿ブロック賞☆ 料亭のちりめんナッツ(京都府)

181114-20-8.jpg

 「料亭のちりめんナッツ」は、京都のお土産でよく見かける昔ながらの「ちりめん山椒」をベースに、ナッツやドライフルーツを絡めた新感覚スイーツ。創業144年の老舗懐石料理店「下鴨茶寮」(京都)によって、和食のみならず洋食にも、さらには酒肴としてもおやつとしても楽しめるお菓子を目指して開発された。ドライフルーツの甘さと山椒の辛さ、ナッツの歯ごたえ、ちりめんじゃこの旨味などさまざまな感覚が絡みあう味とは、どんな味なのだろうか。想像もつかない。

☆九州・沖縄ブロック☆ 麹屋の甘酒カレー(鹿児島県)

181114-20-9.jpg

 「麹屋の甘酒カレー」は、九州の焼酎メーカーなどに麹を卸している種麹メーカー「河内菌本舗」が、同社の甘酒と同社農場で育てた黒麹豚を使って開発したカレー。麹による自然な甘み、とろみ、コクが特徴である。TBSの人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」でも紹介され、じわじわと人気を博しているそうだ。カレーにりんごやハチミツ、チョコを入れるという定番の隠し味は聞いたことがあるが、甘酒を入れるとどうなるのだろう。


 ここで紹介した商品は、同社が運営する通販サイト「47CLUB」で販売されている。さらに11月14日~27日の期間限定で、松坂屋上野店の「上野案内所」にて一部商品を店頭販売するという。詳細は下記の通り。

開催概要

開催期間:2018 年 11 月 14 日(水)~27 日(火)
会  場:〒110-8503 東京都台東区上野 3-29-5
松坂屋上野店 地下 1 階(パルコヤ側)
営業時間: 10:00~20:00
電話番号:03-3832-1111(代)
販売商品:「北三陸タコとんびバル」、「金ノ梅ノ美『黄金の梅』のまるごと生ゼリー」、「料亭のちりめんナッツ」、「麹屋の甘酒カレー」など

外部リンク