ニュース・プラス 次世代新幹線で最高速度・時速360kmを目指すJR東日本。その試験車両「ALFA-X」の開発が進行中!

現在JR東日本では、グループ経営ビジョン「変革 2027」でも掲載された「次世代新幹線開発」のための試験プラットフォームとして「E956形式新幹線電車」、愛称「ALFA-X(アルファエックス)」の開発を進めている。完成予定は2019年5月だ。試験走行の最高速度は時速400km程度が目標で、営業運転の最高速度は時速360kmが計画されている(現在は「はやぶさ」(E5系)による時速320kmが営業運転の最高速度)。

2018年10月17日 01:30 掲載

181015-01-01b.jpg

次世代新幹線開発用の試験車両「ALFA-X」の先頭車両の形状は2種類。(上)東京寄りの1号車。(下)新青森寄りの10号車。どちらがよりトンネル突入時の圧力波を抑えられるかといった試験が行われる。実際の営業車両の形状ではなく、この2種類で得られたデータを基に開発される(どちらかの形状が採用される可能性もある)。画像提供:JR東日本

 現在JR東日本では、グループ経営ビジョン「変革 2027」で掲載された「次世代新幹線開発」のための試験プラットフォームとして「E956形式新幹線電車」、愛称「ALFA-X(アルファエックス)」の開発を進めている。完成予定は2019年5月だ。試験走行の最高速度は時速400km程度が目標で、営業運転の最高速度は時速360kmが計画されている(現在は「はやぶさ」(E5系)による時速320kmが営業運転の最高速度)。

 「ALFA-X」とは、「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation」の略で、訳すと"最先端の実験を行うための先進的な試験室(車)"という意味になる。JR東日本の新幹線開発用の試験車両としては、1992(平成4)~98(平成10)年に試験を担当した「STAR21」(試験最高速度・時速425kmを記録)、2005(平成17)~2009(平成21)年の「FASTECH360」(試験最高速度・時速398kmを記録)に次ぐ3代目となる。

 「ALFA-X」は、「さらなる安全性・安定性の追求」、「快適性の向上」、「環境性能の向上」、「メンテナンスの革新」の4つをコンセプトとし、全10両の1編成が開発される。

先頭車両は1号車と10号車でそれぞれ異なる形状を採用

 2種類の新型先頭車両の形状が開発され、トンネル突入時の圧力波を抑制するためのデザインのデータ収集が行われる。この2種類で得られたデータを基に営業車両の形状が開発される。この2種類のうちのどちらかの性能がよければ、採用される可能性もある。

 東京寄りの1号車は先頭長が約16mで、約15mの現行「E5系」とそれほど変わらない。車両後端側の乗客乗降用ドアがなくなってはいるが、シートは同じ6列が確保されている(乗降用ドアは前側にある)。室内空間の確保と、トンネル突入時の圧力波の抑制という相反する2要素のバランスを取った形状だ。"削ぎ"、"うねり"、"拡がり"といった、風の流れによって作られる要素を取り込んでいる。

181015-01-02.jpg

1号車を斜め上から見たイメージCG。ここまで「削ぐ」デザインを先頭車両に採用した車両もあまり見かけない。画像提供:JR東日本

 一方の新青森寄りの10号車は、先頭長を「E5系」よりも大幅に長くしており、約22mというロングノーズ。そのため、シートは3列しかない。10号車の造形は、"台車部を覆うせり出した造形"、"運転士を包み込む造形"、"後方に向けて滑らかにつなぐ造形"の3要素で構成されている。

 しかも窓の位置から見ると、3列目は車両後端ギリギリまで寄せてあることから、先頭車にはトイレなどの設備がないことが見て取れる。その代わりに、2両目前端部に設けているようだ。その関係で9号車のシートは14列しかない。一方、2号車は21列となっている。先頭車の形状により、2列目のシート数も変わってくるのがわかる。

181015-01-03b.jpg

10号車を斜め上から見たイメージCG。客席数を「E5系」および1号車の半分の3列にしてでも空力を重視したデザイン。先頭長が約22mある。画像提供:JR東日本

181015-01-12.jpg

(上)「ALFA-X」の1号車と2号車を真横から見た図。先頭長は「E5系」から約1m長くなっただけで、シート数は6列と変わらない。ただし後端側のドアはなくなった。(下)10号車をと9号車を真横から見た図。1号車に対し、10号車のロングノーズが際立つ。また、1号車+2号車と10号車+9号車を比較すると、窓の数や位置が大きく異なるのがわかる。画像提供:JR東日本

 「ALFA-X」のカラーリングは周囲の色を取り込む明るいメタリックのボディに、爽快感のある明るいグリーンの側帯(がわおび)が選ばれている。このグリーンは自然をイメージし、また都市間における人々の活発な行き交いも表現しているという。また先頭車では、そのグリーンの側帯が交差して"X"になるデザインが採用されている。これは、ALFA-Xによって人々や情報がより親密に行き交う様子を表しているという。

181015-01-04.jpg

アルミ合金製の車体が眩しい、製作中の1号車。画像提供:JR東日本

→ 次ページ:
各種機能にクローズアップ!