ニュース・プラス デスクトップ・スーパーカー! 初代「NSX」型無線マウスの出来映えが芸術的

2018年09月12日 16:03 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

np180912-01-01.jpg

「自動車型ワイヤレスマウス HONDA NSX」のレッドモデル。初代「NSX」の中でも、前期の「NA1」型だ。ボンネット上のマウスホイールがなければ、もはや鑑賞用の精巧なミニカーにしか見えない出来映え。

 ホンダ初のスーパーカー、初代「NSX」。長いブランクを経て2016年に2代目が復活して人気上々だが、初代の人気もまだまだ衰えていない。実際、当サイトでも初代「NSX」の記事が人気だ(こちら)。そんな日本の誇るスーパーカーが、なんと無線マウスとなって、リンクスインターナショナルから9月15日に発売となる。

 "引き出し(カセット)の中の小さな愛車"をコンセプトにした「Cassette」シリーズの第2弾、「自動車型ワイヤレスマウス HONDA NSX」だ。希望小売価格は5,980円(税込)。

np180912-01-04.jpg

イエローのリアクォータービュー。リアからだとボンネットのマウスホイールが見えにくいので、さらに鑑賞用のミニカー感が増す。

 2.4GHzワイヤレス光学マウスで(Bluetooth非対応)、カラーリングはレッドとイエローの2色。2.4GHzワイヤレス受信用のUSBドングルや、電源スイッチ、電池ボックスのフタを車体下面にまとめたので、流れるような「NSX」のフォルムを崩すことなく忠実に再現。その完成度は、使わずに観賞用ミニカーとして飾っておきたくなるほどだ。

np180912-01-02b.jpg

スイッチや電池ボックスのフタなどはすべて車体下面に集中させてある。

ヘッドランプもテールランプも点灯させられる!

 ギミックも用意されており、車体下部の電源スイッチをONにすると、ヘッドランプとテールランプが点灯するというイルミネーション機能を搭載(点灯させないモードも用意されている)。

np180912-01-03.jpg

ヘッドランプとテールランプが点灯するギミックを搭載。ともに左が消灯時で、右が点灯時。

→ 次ページ:
マウスの見所と次回作に迫る!