ニュース・プラス 衣替え前線が来る前に、夏物の「しまい洗い」を!

2018年09月14日 01:36 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

 今年は強烈な猛暑が日本列島を襲ったが、9月になりようやく涼しい日が増えてきた。そんな矢先に気になるのは、夏物衣料の衣替えタイミング。そんな中、ライオン株式会社の調査を元に「2018年衣替え前線」が作図された。

180911-12.jpg

まずは、あなたの住む街の衣替え前線はいつ頃かチェック! それまでに夏物は「しまい洗い」しておきたい。

2018年の衣替え前線、本州は9月中にほぼ全域が対象に。

 ライオン株式会社が2015年に行った調査によると、夏から秋にかけて最低気温が20度を切ると、長袖を着始めるなど衣替えを意識するようになるという。このデータを基に、最低気温が20度になる予測日を「2018年衣替え前線」として、同社が作成したものが以下の図となる。

img_165237_1.jpg

最低気温が20℃を下回る日を予想した「衣替え前線」。ライオン株式会社が日本気象協会の協力の元で作成した。

 「衣替え前線」の日付を過ぎると、だんだん夏物は着用しなくなっていくため、この日付を迎える前に夏に着た衣類は「夏物しまい洗い」をして、来年も気持ちよく着ることができるように収納するのがベター。ライオンお洗濯マイスターの大貫和泉さんはそう語る。

→ 次ページ:
しまい洗いの失敗事例と対策をチェック!