ニュース・プラス 三菱のSUV体験イベントが参加者10万人を突破。
このイベントを通してSUVのすごさを解説。

2018年09月10日 00:14 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 伊東 真一

そもそもオフロードに強い車には条件がある

18090451-07.jpg

 "地味"な「階段昇降走行」(写真上)も普通の車には厳しい。障害物を乗り越えるために必要な性能は最低地上高とアングル角に表される。アングル角は、障害物へのアプローチ時、またいでいる最中、脱出時の3点。この角度が大きいほど、障害物や凸凹を乗り越えられる可能性が高くなる。そのために、SUVでは大きいタイヤを装着して最低地上高を高くするのだ。大径タイヤは伊達ではない。

18090451-08.jpg

 そうであれば、もっと径が大きいタイヤを装着すればよいのではと考えがちだがそうではない。車幅を変えずにタイヤを大きくすると、車の重心が高くなる。そうすると「キャンバー走行」(写真上)のように横転しそうな場面で不利になる。車幅は交通環境を考えるといたずらに大きくはできないから、大径タイヤを履きながらも、重心は低い位置にする必要があるのだ。

18090451-05.jpg

 オフロードに強いSUVには以上のような性能が求められるために、車体を頑丈に作る必要がある。そのため、車重がどうしても重くなり、それを走らせるために排気量や出力・トルクが大きいエンジンを積む必要がある。燃費の悪化という環境性能との戦いを強いられているのもSUVであるともいえる。だが、ここへ来て三菱「エクリプス クロス」(写真上)のような都会的でコンパクト、コンディションの悪い道にも強い車が、販売台数上位にランクインするようになって来た。「燃費のためにSUVをあきらめない」というメーカーの思い・姿勢が結実しつつあるといえよう。


 車にとって(人にとっても?)厳しい環境を何万回も走らせるということは、三菱の自社SUVに対する自信の表れととることができる。難関セクションを走る車を運転するのは、ダカールラリー2連覇を達成したラリードライバーの増岡浩氏をはじめとするプロドライバーだ。車両は「デリカD:5」や「エクリプスクロス」、「パジェロ」を使って行われる。

 三菱では「4WD登坂キット体験イベント」(WEBより予約可能)を引き続き実施していくとしているので、参加してみてはいかがだろうか。
「4WD 登坂キット体験イベント」WEB サイト URL:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/4wd/cleandiesel/