ニュース・プラス 日本レースクイーン大賞2018
コスチューム部門
ファイナリスト10組を一挙紹介!

2018年08月31日 08:15 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

180829_010.png

レースクイーンファンにとって、秋といえばRQ大賞コスチューム部門の季節!

今年もコスチューム部門の季節がやってきた!

  日本のモータースポーツを彩るレースクイーンのナンバー1をファン投票で決定する「日本レースクイーン大賞」。大賞のほかに「新人部門」「コスチューム部門」の 2部門が開催されており、コスチューム部門のグランプリ発表がいよいよ目前に迫ってきた。

 というわけで、今回は9月2日(日)に予定されているグランプリ発表を前に、エントリーした50チームの中から残ったファイナリスト10チームを一挙に紹介。また、記事の最後には、編集担当の独断予想もあるので最後までご覧いただきたい。

(※チーム紹介はあいうえお順。人名は敬称略)

KT Honey

山下莉果、小嶋みやび、河瀬杏美

180829-011.jpg

衣装コンセプトはなんと戦国武将! 甲冑をイメージした肩パットとパレオにも注目。

 RQファンにはおなじみの顔、山下莉果と河瀬杏美に挟まれた小嶋みやびは、今年の新人グランプリで「準グランプリ」を獲得した注目のレースクイーン。小悪魔的なコスチュームの魔力も含め、みなぎるようなパワーを感じさせてくれるチームだ。このチームのコスチュームの特徴は、岡山県産のデニムが随所に使用されていること。GT初参戦で優勝したK-tunes Racingの勢いに乗って、コスチューム部門でも優勝を狙うことができるか注目したい。

2018 KOBELCO GIRLS&2018 SARDイメージガール

西村いちか、比良祐里、清瀬まち、廣川エレナ

180829-012.jpg

シンプルでさわやかな印象ながら、ブルーとオレンジのビビッドな刺し色が刺激的なコスチューム。

 一昨年のレースクイーン大賞グランプリとなった清瀬まちを筆頭とした4人チーム。今年のポイントは袖やスカートに採用されているレースの柄。昨年までは花柄だったが、今年はキラキラ感の映えるラメにチェンジ。この写真だと少しわかりにくいが、サーキットの日差しの下では輝いて見えるとのこと。現地で彼女たちに出会った際は、ぜひ注目してみたいところだ。

→ 次ページ:
続いては、グラビアでもひっぱりだこの藤木由貴が登場!