ニュース・プラス わずか2.5cmのすき間に対応したメンテナンスフリーの災害救助用ジャッキが登場! 500kgから2tまで持ち上げられる!!

2018年08月20日 15:30 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保


np180820-01-01.jpg

鉄製の爪の先が入る2.5cmのすき間があれば、最大500kgまでの重量物を持ち上げられる「STOレスキュージャッキ」。※画像はイメージです。

 9月1日は防災の日。1923(大正12)年のその日は関東大震災が発生し、人的にも物的にも大きな被害を出したことは誰でもご存じだろう。防災の日が創設された理由はその関東大震災にもあるが、もうひとつある。1959(昭和34)年9月26日に大きな被害を出した「伊勢湾台風」だ。

 伊勢湾台風は死者4700人、行方不明401人、負傷者3万8917人、全半壊・流失家屋計15万3893戸、浸水家屋36万3611戸という、戦後最大の被害をもたらした台風である。この伊勢湾台風が契機となって、地震や風水害などに対する心構えなどの育成を目的に、1960(昭和35)年6月の閣議によって了承されたことが防災の日の始まりとなっているのである。

 そうした防災の日に向けて、名古屋の車載用ジャッキメーカーの老舗である竹内工業が8月10日から発売を開始したのが、災害救助用ジャッキ「STOレスキュージャッキ」だ。

 車載ジャッキは現在、バール、のこぎりと並んで災害時における救助活動の"三種の神器"といわれている。実際、阪神・淡路大震災では車載ジャッキを使って、倒壊した家屋の下敷きになった人たちを救助した多くの実例が残っているという。

 そこで同社では、消防士など災害救助活動のプロのための本格仕様ではなく、自治体や町会などの自主防災組織、企業などで一般人が使えるものとして、「STOレスキュージャッキ」を開発した。

np180820-01-03.jpg

「STOレスキュージャッキ」の寸法。重量は本体とジャッキを上下させるハンドルバーを含めて約5kg。

→ 次ページ:
ふたつの特徴に迫る!