2018年08月16日 15:38 掲載

ニュース・プラス 観光名所の地名が、建物に変身するプラモデル?
楽しいお土産、ご当地組立キット『ゴトプラ』第1弾 東京・大阪、発売!


JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

 切り離す前は地名が「文字」で表現され、組み立てるとその土地を象徴する「建物」に変化する。そんな組立キットが、8月上旬よりお土産ショップ、駅、空港などで販売されて話題を呼んでいる。

img_163122_1_4.jpg

見た目のインパクトもバツグン。海外へのお土産にも喜ばれそうだ。

「東京」「大阪」の文字が変形合体!

 このアイテムは、株式会社プレックスから発売されている『ゴトプラ 東京タワー』『ゴトプラ 大阪城』(各680円/税別)。「東京」は組み立てると、全高140mmの「東京タワー」に。「大阪」は優雅にそびえ立つ「大阪城」の天守閣に変化する。カラーバリエーションも、レッド、クリアブルー、蓄光ホワイトの3種類から好みで選ぶことができる。

img_163122_14_4.jpg

大阪Ver.は組み立てると大阪城の天守閣に。パーツは15個程度なので組み立ても簡単だ。

180816_10.png

カラーバリエーションはレッド、ブルー、蓄光ホワイトの3種類。

img_163122_13_4.jpg

蓄光ホワイトは暗いところで光るのがポイント!

 手ごろな価格で観光みやげにも最適。海外の友人へのプレゼントとしても喜ばれそうだ。組み立てて遊ぶのはもちろん、地名がわかるパッケージのままでもインテリアとして楽しめるのが魅力。組み立てずにそのまま飾るか、組み立てて楽しむかは悩みどころだが、いずれにせよインパクトがあることは間違いなし。大人から子どもまで楽しめるアイテムとして、第2弾、第3弾とさらなるバージョンの登場にも期待したいところだ。

外部リンク