2018年06月19日 16:25 掲載

ニュース・プラス 【日本レースクイーン大賞2018】
新人部門グランプリ発表!
果たして頂点に立ったのは誰?


JAFメディアワークス IT Media部 大坂 晃典

2018RQ新人部門「グランプリ」に輝いたのは、林 ゆめさん!

 そして新人部門のグランプリに輝いたのは、林 ゆめさん! トロフィー受けっとった林さんは、応援してくれたファンに向かって満面の笑みで手を振って、ストレートに喜びを表現。会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれた。

180617_07.JPG

18年の新人グランプリとなった林 ゆめさん。17年最強チーム「pacific fairies」から、またしてもグランプリが誕生した。

 「たくさん応援していただき、ありがとうございます。私はこれまで自分の意志があまりなくて、一番を獲りたいって思ったこともありませんでした。でも、今回本当にたくさんの人が応援してくれて、初めて自分の意志で"グランプリを獲りたい"って思いました。グランプリに相応しい人になれるように、これからもっともっと頑張っていきたいです」と、まっすぐな瞳で喜びを語った。

編集担当の独断予想は当たった?

 今年も熱い戦いが繰り広げられた「新人グランプリ」。ここで編集担当の予想が、どの程度当たったかを分析してみたい。頂点に立ったのは、pacific fairies所属の林 ゆめさん。スタイルの良さや屈託のない笑顔など、バランスの良い魅力を備えた彼女も上位に食い込むであろうとの予感はあった。だが昨年は「新人部門」「コスチューム部門」そして「レースクイーン大賞」とも、彼女の所属するpacific fairiesのメンバーが栄冠を勝ち取っていた。そこで、今年はさすがに同チームメンバーの受賞は難しいのでは? と推測してしまったため、今回のトップ予想に彼女を含めなかったのが悔やまれる。

 とはいえ、準グランプリの小嶋 みやびさん、そして特別賞の宮本 りおさん、続いてクリッカー賞の日向 ゆきさんと、グランプリに続く受賞者は、編集担当の推していた3人が見事に的中! というわけで、今後も自身の先見眼を元に、この手の記事では引き続き受賞予想を展開していきたいと思う。

→ 次ページ:
他ファイナリスト4人の貴重なレアショット!