2018年05月25日 12:00 掲載

ニュース・プラス 【ジャパントラックショー2018】
「ギガ」「ギガ トラクタ」「フォワード」「エルフ」!いすゞの4車種を紹介


小型トラックの代名詞的存在・小型車「エルフ」

sn180517-01-07.jpg

「エルフ」。車両寸法:全長6475×全幅22225×全高3085mm、ホイールベース3395mm。荷台内寸法:長さ4480×幅2080×高さ2150mm。重量:車両3220kg、最大積載量2000kg、総重量5385kg。排気量2999cc、ディーゼルエンジン「4JJ1-TCS」。最高出力110kW/2800rpm、最大トルク375N・m/1400-2800rpm。サスペンション前インディペンデント・後リーフ。乗車定員3人。

 日本の小型トラックの代名詞的な車種である「エルフ」。実際、日本自動車販売協会連合会によれば、2~3tクラスキャブオーバー型トラックにおける車種別の国内新車販売台数において、2001年から2017年まで17年連続で第1位を獲得している。

 現行モデルは2014年11月にマイナーチェンジを受けたものだ。ハイブリッド車のマイナーチェンジは2015年4月に行われている。また2018年3月には、車両総重量7.5tを超える「エルフ」についてのみ新型エンジン「4JZ1」を搭載し、後処理装置を改良したことで、平成28年排出ガス規制に適合させた。

 「エルフ」は低燃費が特徴のひとつ。マイナーチェンジにおいて低圧縮化と新インジェクターの採用、そして「エコストップ」の追加といったエンジンの改良に加え、可変容量パワーステアリングポンプの採用、6速トランスミッションのギア比の見直し、そして省燃費タイヤの装着によって、小型ディーゼルトラックで屈指の低燃費を実現した。2~3t積み「エコストップ」装着車、車両総重量7.5t超クラスの110kWエンジンの「エコストップ」装着車および129kWエンジンの全車で平成27年燃費基準+10%、それ以外でも同+5%を達成している。

 MT車、AMT「スムーサーEx」搭載のAT車のどちらも「ECONOモード」を搭載しており、MT車の場合は加速時などの過剰なエンジン回転数を自動でカットしてくれる仕組みとなっている。「スムーサーEx」の「ECONOモード」は省燃費自動変速により、燃料消費を抑制したおだやかな加速を行う仕組みだ。

sn180517-01-08.jpg

「エルフ」の運転席。展示車両は、「スムーサーEx」を搭載したAT車。AT車とはいっても、手動変速を容易に行えるシーケンシャル・マニュアル・トランスミッションとなっており、ATとMTのいいところ取りの仕組みを持っている。

2018年5月25日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)