2018年05月25日 12:00 掲載

ニュース・プラス 【ジャパントラックショー2018】
「ギガ」「ギガ トラクタ」「フォワード」「エルフ」!いすゞの4車種を紹介


低燃費が特徴の中型車「フォワード」

sn180517-01-05.jpg

「フォワード Fカーゴ」。車両寸法:全長8485×全幅2260×全高3660mm、ホイールベース4860mm。荷台内寸法:長さ6210×幅2155×高さ390mm。重量:車両3640kg、最大積載量4150kg、総重量7900kg。排気量5193cc、ディーゼルエンジン「4HK1-TCS」。最高出力154kW/2400rpm、最大トルク706N・m/1400-1600rpm。サスペンション前後共に半だ円形板ばね。乗車定員2人。

 1970年に誕生して間もなく半世紀という、いすゞの中型トラック「フォワード」。現行モデルは、2017年4月にマイナーチェンジを受けたものだ。

 このマイナーチェンジでは、ターボシステムや燃料噴射装置、冷却系など、エンジンの広範囲が改良された。それに加えて排出ガス後処理装置の性能の向上もなされ、平成28年排出ガス規制に適合となった。

 また、「フォワード」の特徴である低燃費がさらに追求され、アイドリングストップ&スタートシステム「エコストップ」を搭載した車種では、国内中型クラス(車両総重量8~14.5t)で初となる平成27年度重量車燃費基準+10%を達成している。

 そのほか、全輪駆動車およびCNG車を除いた主要なカーゴ系には、衝突被害軽減ブレーキを初め、ミリ波車間ウォーニング、車線逸脱警報などの先進安全装置が標準装備となった。衝突被害軽減ブレーキはミリ波レーダーとカメラの組み合わせは変わらないが、両者のターゲットロックオン性能を向上させたことで、減速効果を高めたという。ちなみに14.5t以上のタイプには電子式車両姿勢制御システムが標準装備とされている。

 さらに、2017年3月に新設された準中型免許に対応する車両総重量7.5t車も新たに設定された。ちなみにUDトラックスの「コンドル」は「フォワード」のOEM車だ。

sn180517-01-06.jpg

「フォワード」の運転席。今回の展示車両はMT車だったが、いすゞのAMTシリーズの「スムーサーFx」を搭載したAT車も存在する。「スムーサーFx」には、「スムーサーGx」の3機能の内の「Smartシフト」と「Smartアクセル」が備わっている。AT車は9速、MT車は9速および6速となっている。

→ 次ページ:
街中で見かける率ナンバー1の小型トラック!