2018年03月28日 15:00 掲載

ニュース・プラス 【燃費ランキング2018】
軽自動車で最も燃費に優れるのは!?
上位10車種はこれだ!


4位:ワゴンR HYBRID FZ・HYBRID FX
(スズキ) 33.4km/L(H)

np180326-01-03b.jpg

33.4km/Lで4位となったのは、スズキのワゴンタイプ「ワゴンR」のハイブリッドグレードの「HYBRID FZ」(車重790kg)と「HYBRID FX」(車重770kg)。モーター機能付き発電機で減速時のエネルギー回生を行いバッテリーを充電し、クリープ時(時速約13km以下)はモーターのみで車輪を駆動、加速時はモーターがエンジンをアシストするという仕組みだ。「HYBRID FZ」と「HYBRID FX」の4WD仕様は30.4km/L、ガソリン車「FA」は23.4~26.8kmとなっている。OEM車として、マツダ「フレア」がある。

5位:ハスラー X・G(スズキ) 32.0km/L(H)

np180326-01-04.jpg

スズキのクロスオーバーSUVタイプの軽自動車「ハスラー」。そのグレードの内、「X」(車重800kg)および「G」(車重790kg)のFF車が32.0km/Lで5位となった。型式は共にDAA-MR41S。「ハスラー」からはハイブリッドシステムに「Sエネチャージ」という名称が与えられたが、基本的には4位の「ワゴンR」の仕組みと一緒で、モーター機能付き発電機(ISG)で減速時のエネルギー回生を行いバッテリーを充電し、加速時にモーターがエンジンをアシストする仕組みだ。アイドリングストップ後は、ISGのスターターモーター機能により、ベルトを介してエンジンを再始動する仕組みで、ギヤの噛み込み音がなくスムーズなのが特徴だ。全グレードの内、ターボモデルは26.2~27.8km/L、ノンターボは24.2~32.0km。マツダ「フレア クロスオーバー」はOEM車。

6位:ムーヴ X・L(ダイハツ) 31.0km/L

np180326-01-07.jpg

ダイハツのトールワゴンタイプ「ムーヴ」。そのグレードの内でFF車の「X」および「L」(車重は共に820kg)が31.0km/Lを記録し、6位にランクインした。「ムーヴ」にも同社のエコ技術「イース・テクノロジー」が採用されており、空力性能の進化、転がり抵抗の低減、高張力鋼板のフレームへの採用とボディの樹脂化による車体の軽量化などが施されている。また減速時のエネルギー回生システムなども搭載。「ムーヴ」のそのほかのグレードも含めた燃費はFFが27.4~31.0km/L、4WDが25.6~27.6km/L。またOEM車にスバル「ステラ」がある。

→ 次ページ:
続いて7~10位!