2018年03月26日 16:00 掲載

ニュース・プラス 【燃費ランキング2018】
最も燃費のよかったクルマは!?
普通・小型車ベスト10!


5位:グレイス HYBRID DXおよび
HYBRID LX・Honda SENSING(ホンダ)
34.8km/L ※どちらもFF車

np180323-01-04.jpg

ホンダのセダンのエントリーモデルである「グレイス」。34.8kmを記録したグレードは、「HYBRID DX」のFF車(車重1160kg)と「HYBRID LX・Honda SENSING」(車重1170kg)のFF車(型式は共にDAA-GM4)。エンジンとモーターはフィットと同じで、i-VTEC装備の1496cc・直4ガソリンエンジン「LEB」と、モーター「H1」の組み合わせとなっている。また、ハイブリッドシステム「i-DCD」も同じく搭載。「グレイス」の燃費は、ハイブリッド車の内のFFが32.4~34.8km。4WDは26.6~29.6km。ガソリン車はFFが22.0km、4WDが19.6kmとなっている。

6位:ヴィッツ(トヨタ) 34.4km/L
※ハイブリッド車全グレード

np180323-01-05.jpg

同着6位は4台。トヨタ「ヴィッツ」のハイブリッドグレードは4車種あるが、燃費はすべて34.4km(車重はどれも1110kg)。1496cc・直4ガソリンエンジン「1NZ-FXE」と、モーター「1LM」の組み合わせは「アクア」と同じ。そしてほかのトヨタのハイブリッド車と同様に、ハイブリッド・システム「THS II」を装備している。また、可変バルブタイミングを電動モーターで制御する「VVT-iE」や、排出ガスを水で冷やしてから吸気側へ導いて再度吸気させることでエンジンの熱効率を高めて排出ガス中の窒素酸化物(NOx)を低減できる「クールドEGR」も備える。ガソリン車の燃費は18.0~25.0km。

6位:カローラ アクシオ(トヨタ)
34.4km/L ※ハイブリッド車全グレード

np180323-01-06.jpg

初代は1966年に販売を開始した、現在のトヨタのセダンのエントリーモデル「カローラ アクシオ」。同車で燃費値34.4kmを記録したグレードは、ハイブリッド車3車種すべて(FF、車重は1140kg)。「カローラ アクシオ」も「アクア」と「ヴィッツ」と同じハイブリッドパワートレインを搭載し、1496cc・直4ガソリンエンジン「1NZ-FXE」と、モーター「1LM」、そしてハイブリッドシステム「THS II」の組み合わせからなる。ガソリン車の燃費は、16.4~23.4km。

6位:カローラ フィールダー(トヨタ) 34.4km/L ※ハイブリッド車全グレード

np180323-01-07.jpg

トヨタのFFステーションワゴン「カローラ フィールダー」。「カローラ アクシオ」よりも車重が30kgほど重量があるが、3車種あるハイブリッド車はすべて34.4kmの燃費値を記録した。ハイブリッドパワートレインは、これも「アクア」、「ヴィッツ」、「カローラ アクシオ」と同じで、1496cc・直4ガソリンエンジン「1NZ-FXE」+モーター「1LM」+ハイブリッドシステム「THS II」の組み合わせ。ガソリン車の燃費は16.0~23.0kmと、「カローラ アクシオ」よりもわずかに劣る。

6位:シャトル HYBRID Honda SENSING(ホンダ)
34.4km/L ※FF車

np180323-01-09.jpg

同着6位の4車種目は、ホンダのステーションワゴン「シャトル」。かつては「フィット シャトル」という車名であり、「フィット」の派生車種である。燃費値34.4kmを記録したのは、「HYBRID Honda SENSING」のFF車(型式「DAA-GP7」)。車重は1190kgだ。1496cc・直4ガソリンエンジン「LEB」と、モーター「H1」の組み合わせは、「フィット」や「グレイス」と同じ。「シャトル」のグレードは4車種あるが、その内の3車種がハイブリッド車。そして4グレードともFFと4WDがラインナップされている。ハイブリッド車の燃費は26.0~34.4km。ガソリン車は19.6~22.0km。

→ 次ページ:
最後は10位と燃費ベスト10をグラフで!