2018年03月24日 00:05 掲載

ニュース・プラス 自動運転の車線変更時のハンドル操作に関する
国際基準が成立。自動運転の国際基準策定で存在感を示す日本。


np180322-01-01b.jpg

自動運転のイメージ。現在、車線変更機能の搭載車は、メルセデス・ベンツなど、いくつかのメーカーから発売されているが、開発はメーカーごとの基準で行われてきた。今回、国際基準が成立したことから、今後は共通の基準が適用になりそうだ。

 国土交通省は3月20日、国連の欧州経済委員会(UN-ECE)傘下の「自動車基準調和世界フォーラム(WP29)」第174回会合において、自動運転において車線変更を自動で行うハンドル操作に関する国際基準が新たに成立したことを発表した。

 WP29傘下には自動運転に関する検討を行う専門分科会が7つあり、そのひとつである「ブレーキと走行装置(GRRF)」(イギリスが議長、日本は副議長)の中の「自動操舵専門家会議」(議長は日本とドイツ)において、今回の国際基準が成立した。

 これまではメーカーそれぞれが考えてきたわけだが、今後はこの国際基準に則って自動操舵技術が開発されていくものと思われる。

 同時に、WP29傘下の分科会「自動運転分科会」においては、自動運転車の自動化レベル「レベル4」の認証方法について検討を開始することで合意した。

 国土交通省などが考えているレベル4とは、「特定条件下における完全自動運転」を示し、特定条件下において自動運転システムがすべての運転タスクを実施するというものだ。

np180322-01-02.png

国交省の「自動運転のレベル分けについて」。これらのレベルは、自動運転技術のレベルを分類しているもので、それを採用したクルマがすべて自動運転車というわけではない。よく勘違いされるので注意が必要な点である。自動ブレーキや、前走車について走る「ACC」、車線を維持しながら走る「LKAS」などは、現在多くのクルマが装備しており、これらはレベル1に含まれるが、もちろん自動運転車と言える内容のクルマではない。

→ 次ページ:
続いて、WP29による自動運転関連の今後の予定!