2018年03月17日 15:00 掲載

ニュース・プラス 【JNCAP2017】衝突安全・項目別ランキング!
全92車種の内、最も乗員保護性能が高いのは?


np180313-01-00b.png

 国交省と自動車事故対策機構が毎年2回に分けて発表している自動車アセスメント「JNCAP」。

 その内の「衝突安全性能評価試験」(衝突安全)は2011年から同一の試験が実施されており、これまでに評価試験を受けたのは全92車種となる。そこで衝突安全の評価試験の内、搭乗者の安全性を調べる「乗員保護性能試験」(乗員保護)の点数のみで全92車種をランキングにし、今回はその上位10車種を紹介する。

 なおランキングは、同一モデルでも年式が異なる場合は別車種として扱い、またサイド・カーテン・エアバッグ(SCA)のある・なしでも別車種として扱っている。

 衝突安全で行われる試験は大別して、乗員保護(100点満点)、万が一の事故の際に歩行者をどれだけ保護できるかを評価する「歩行者保護性能評価」(100点満点)、シートベルトの着用をどれだけ促せるかを評価する「シートベルトの着用警報装置」(8点満点)の3種類。総合得点は208点満点となる。

 ちなみに、2018年2月現在の衝突安全・全92車種の総合得点ベスト10は以下の通りだ。カッコ内は100点満点換算したもの。

1位:インプレッサ スポーツ/インプレッサ G4/XV(スバル) 199.7点(96.0点)
2位:クラウン アスリート/クラウン ロイヤル(トヨタ) 189.7点(91.2点)
3位:レガシィ(スバル) 188.8点(90.8点)
4位:CX-3(マツダ) 188.2点(90.5点)
5位:CX-5(マツダ) 187.3点(90.0点)

6位:C-HR(トヨタ) 185.8点(89.3点)
7位:デミオ(マツダ) 185.7点(89.3点)
8位:アクセラ(マツダ) 185.1点(89.0点)
9位:アウトランダー(三菱) 184.6点(88.8点)
10位:アウトランダーPHV(三菱) 184.6点(88.8点)

※SCA:サイド・カーテン・エアバッグ

→ 次ページ:
乗員保護性能評価試験はどんな内容?