2018年02月16日 14:00 掲載

ニュース・プラス 【ジャパンキャンピングカーショー18】
大人気の軽キャンパー、その中身に迫ってみた!【前編】


 続いては、スズキの軽トラック「キャリイ」をベースにした車両を紹介しよう。「キャリイ」は軽だがトラックなので、荷台にシェルを架装するトラックキャンパー(トラキャン)的な改装方式を採れ、外見がベース車両から大きく変わっているものも数多い。

変形して車内空間を増やす「かるキャン コンビ」

 コイズミの「かるキャン コンビ」は、同社の"トランスフォーム・キャンパー"シリーズの1台。車中泊する際は「ステイモード」として、横方向に615mm引っ張りだし、ルーフも上方に930mmアップさせられる。車内空間を走行時の「ドライブモード」と比較して2.4倍にまで拡大できるのが大きな特徴だ。

np180214-01-09.jpg

ステイモードの「かるキャン コンビ」。横方向にも上方向にも自動でスライドするわけではなく、手動でハンドルを回したり引っ張ったりして作業を行う必要がある。乗車および就寝ともに定員は2人。展示車両はラッピングが施され、リアスカートなども装備されており、価格は360万円(税別)。

np180214-01-10.jpg

「かるキャン コンビ」の車内。軽キャンパーの車内とは思えないほどの空間的な余裕がある。狭いところは苦手という人でもくつろげるのではないだろうか。

→ 次ページ:
最後は世界最小の軽キャブコンとレアな「N-BOX」ベース!