2017年10月16日 15:16 掲載

ニュース・プラス 【CEATEC2017】
人気の2台を展示したテスラ。
E・ミニモはEVスクーターなど!


 10月3日から6日まで幕張メッセで開催された、家電・エレクトロニクス系で、国内最大級の展示会「CEATEC JAPAN 2017」。

 第2弾は、EVを紹介。海外メーカーと国内の小規模メーカー、そしてEV関連のテクノロジーや、EVを利用したサービスなどを紹介。

テスラは「モデルS」と「モデルX」を展示

np171013-03-01.jpg

テスラブース。特に7シーターの大型クロスオーバーSUV「モデルX」は注目度が高く、クルマのみを写すのは不可能なほどだった。

 海外EVメーカーで出展していたのが、テスラ。主力のセダン「モデルS」と、昨年9月に発表された7シーターの大型クロスオーバーSUV「モデルX」の2台を並べていた。

 最近注目されている2台だけにブースの人口密度が高く、多数の人が乗り込んだりトランクを開けて荷室を確かめたりしていた。

np171013-03-02.jpg

「モデルX」は今回の出展では、ドアやボンネットが開きっぱなしだったので、すべて閉じた画像も掲載する(2016年9月の発表会で撮影)。

np171013-03-03.jpg

「モデルS」。4ドアセダンだが、最上位グレードの「P100D」は、時速0→100kmが2.7秒、最高速度が時速250km。ガソリン車と比較した場合、最高速こそスポーツカークラスだが、加速性能はモーター駆動のEVならではの3秒切り。"スーパー"スーパーカークラスだ。

np171013-03-04.jpg

「モデルS P100D」の走行の様子を車内から撮影した様子は、こちらから(新しいタブが開きます)。ジャパンEVラリー2017白馬で開催された、EVやPHVの試乗会で「モデルS」の助手席に同乗したレポート記事だ。

→ 次ページ:
続いては日本のEVを!