2017年08月14日 16:00 掲載

ニュース・プラス インドで200言語が絶滅!
消えゆく言語が、
世界にはこんなにある!


1.jpg

歌川芳虎による江戸時代1863年の浮世絵。当時のアメリカ人の会話が記述されている。© picture alliance / CPA Media Co. Ltd

 「はじめに言葉ありき」と聖書に記されているように言葉は人と人とを繋ぐ大事なコミュニケーション・ツールであり、民族の文化やアイデンティティでもある、なくてはならない存在である。

200以上の言語が消失!?

 インドで過去50年間で230の言語が消滅したという調査結果を、AFP Newsが明らかにした。それによると膨大な数の先住民や部族民が住むインドにおいて、1961年の国勢調査では約1100もの言語が存在していたが、2013年の調査では870に減少した。
 理由としては、急激な近代化による都市部への人口移動と、カースト制度の下層とされるノマド(遊動民)が、母語を話さず出所を隠すことによって「嫌がらせ」を避けようとすることが挙げられている。
 インド国内では現在も480の部族言語が話されているが、交流の増加を背景としてヒンディー語と英語の話者の数が増加しているという。

00_gengo_04.jpg

インドの学校での授業風景。© picture alliance / ZB

日本にも絶滅に瀕する言語が!

 我が国にも消滅の危機に瀕する言語がある。
 ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は、消滅危機の言語地図「Atlas of the World's Languages in Danger」を発行しているが、それによるとアイヌ語は、話者が10人以下で、平均年齢が80歳を超える「極めて消滅の危険度が高い言語」に当たり、数年後には母語の話者は消滅するだろうと懸念されている。

→ 次ページ:
少数言語の存続を庇護するスイス