2017年07月08日 16:29 掲載

ニュース・プラス 【東京キャンピングカーショー17】
走る箱庭リビング!? 軽キャンパーが超充実!


2人+飼い犬2~3匹までを考慮した「愛犬くん」

np170706-01-07.jpg

オートワンの「愛犬くん」。最近になって「断熱」も各ビルダーが力を入れている分野で、同車も5層の断熱材が使われている。夏冬のエアコンの効果を極力無駄にしないようにしてあり、夏場は特にペットにとっても涼しい環境は嬉しいはずだ。

 オートワンは3台の軽キャンパーを展示。その中の最新モデルがこの「愛犬くん」だ。2人と、愛犬など2~3匹までのペットと共に車中泊が可能な1台となっている。

 特徴は、ペットの足を洗える専用の洗い場が設けられていること(そのほか、ペットマットも標準装備)。近年、シンクとシャワーなどをオプション、中には標準装備する軽キャンパーも増えており、空間的に限られた車内をどれだけ無駄なく使えるかがさらに突き詰められている。同車の給水タンクと排水タンクは10Lだ。

 価格は204万2690円(税込)から。展示車両はエブリイJOINターボの4WD車をベースとしており、そのほかオプション装備を加えて266万1530円(税込)。オプションにはポータブルトイレや、クルマの側面にサイドオーニング(クルマの側面に引き出せる布製の日よけ)などがある。

np170706-01-08.jpg

車内の様子。室内超は前後長が最大198cm、横幅が最大126cmを確保。ペットとの車中泊を考慮した設計となっている。足洗い場は跳ね上げ式で、後部ドアから入ってすぐ右手にシャワーヘッドがあるところの下。

np170706-01-09.jpg

オプションのサイドオーニングのイメージ。画像の車両は、同じオートワンブースで展示された、ソーラーパネルなどを装備して電気製品の多用に備えた1台、「給電くん ポップアップルーフ」。斜めに跳ね上がったルーフには40Wの発電量のソーラーパネルが標準装備されており、就寝定員4名。

→ 次ページ:
ダイハツ・ハイゼットベースの1台!