2017年07月03日 16:00 掲載

ニュース・プラス JNCAP2016
衝突安全性能ベスト10!
最新総合ランキング


np170630-01-01.jpg過酷なJNCAPの衝突安全評価試験の内、真正面から衝突する「フルラップ前面衝突試験」を実際に受けた日産「セレナ」。

★★最新の2017年度前期の評価結果が2017年10月26日に発表されました。5車種をランキング形式にしてこちら「JNCAP衝突安全2017年前期発表! 5車種が総じて安全性の高い結果に。」でアップしました(新しいタブが開きます)。★★

★★また、その5車種を追加した全69車種の衝突安全総合ランキング・トップ10も掲載。「JNCAP衝突安全最新総合ランキング全69車種中のトップ10!」(新しいタブが開きます)でご覧いただけます。★

────────────────────────────

 5月29日に国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)から発表された、最新となる平成28年度の「自動車アセスメント」、通称「JNCAP」。すでに平成28年度の予防安全性能22車種と、衝突安全性能11車種についてはお伝えしたとおりだ(関連記事へのリンクは最終ページ末にまとめて掲載)。

 平成23年度(2011年)以降に同一仕様の衝突安全性能試験を受けた車種は一部海外メーカーも含めて64車種になる。今回は、その総合得点ベスト10を紹介する。

np170629-01-00.jpg

時速55kmでコンクリート壁に正面衝突させる「フルラップ前面衝突試験」の様子。運転席と助手席のダミーの頭部などに受けた衝撃やキャビン(室内)の変形を基に、乗員保護性能の度合いを評価する。前部が均等に壊れて衝撃を吸収するが、その際に後輪が明らかに宙に浮き上がるようなこともある。

衝突安全性能試験の総合得点の算出方法

 衝突安全性能試験には、大別して「歩行者保護性能評価(100点)」と「乗員保護性能評価(100点)」、「シートベルトの着用警報装置(8点)」の3項目があり、合計208点満点で評価される。

 そのうち、歩行者保護性能評価試験は平成28年度からより厳しい条件で行われるようになった。そのままだと、平成23~27年度での試験より評価が低くなってしまうため、条件の厳しくなった試験の結果にのみ平成23~27年度と同等になるよう係数をかけて点数を算出している。

 また、総合評価の★の数は5つ星の「ファイブスター」が最高評価となる。

→ 次ページ:
まずは1~5位を紹介!