ニュース・プラス 【動画あり】国産車初
「歩行者エアバッグ」の
仕組みに迫る!

2017年06月08日 16:01 掲載

試験における歩行者保護エアバッグの動作の様子

 最初の動画は、NASVA提供の試験での動作の様子。頭部インパクターが発射される前は、歩行者保護エアバッグは膨らんでいないが、発射と同時に一瞬で展開。頭部が衝突する前にきちんと展開して保護できるかどうかも試験の一部になっているというわけだ。歩行者保護エアバッグは車体中央のボンネット後端とワイパーの間の狭いエリアから膨らむ仕組み。

NASVAで行われた試験の様子。頭部インパクターは、平成28年度からはメーカーの試験結果を検証する形で、通常は10か所にぶつける(状況により最大で20か所になる場合も)。ボンネットやフロントウィンドウが凹んだり割れたりした場合は、新しいものと交換して試験が行われる。

 そして5月29日のJNCAP発表会で実施されたデモの様子。実機を用いるとあまりにも大きな作動音が発生するため、このときは窒素ボンベを用いて模擬的に行われた。展開するまで実機は約0.07秒だがデモは2~3秒ほどなので、歩行者保護エアバッグが中央からムクっと顔を出して左右に広がっていくのがよくわかるはずだ。

5月29日の自動車アセスメント発表会でのデモ。実機は「インフレーター」と呼ばれる装置がアルゴンガスを使って、人が瞬きする間に2回も展開できるという超高速で一気に膨らませる仕組みだ。

 平成28(2016)年は67年ぶりに交通事故死者数が4000人を切った(記事はこちら)。確実に毎年減ってきているが、その半分を歩行者と自転車が占めていることは見過ごせない。そんな状況に対し、歩行者保護エアバッグは自動車に乗り上げてしまった人の頭部を保護するのに有効であることは間違いないだろう。ぜひ他メーカーも同様のシステムを取り付け、交通事故死者数のさらなる低減を目指してもらいたいところだ。

2017年6月8日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

動画やランキングなど、JNCAP関連の記事一覧はこちらから!

171027-05-10.jpg