2017年06月04日 16:03 掲載

ニュース・プラス 琢磨優勝の今こそ聞きたい。
音の魔術師ハンス・ジマーの
疾走するサントラの名盤。


170601-2-1.jpg

ハンス・ジマーのスコアとボウイ他、時代のヒット曲を収めた「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック。ソニーミュージックから発売中。© Sony Music

 インディアナポリス500マイルレース(インディ500)で、佐藤琢磨が、優勝という快挙を成し遂げた。長年、海外で活動しオーバル初優勝を飾った佐藤、そして4勝目に賭けて2位でフィニッシュしたエリオ・カストロネベス。レース終盤にはマックス・チルトンとカストロネベスとの手に汗握る攻防戦もあり、観客は熱狂した。まさに、サーキットには、レーサーの人生というドラマが凝縮している。

F1レース映画の名作サントラ

 さて、佐藤琢磨初優勝を祝してというわけではないが、その熱狂の中である映画の名サントラを思い出したので、ぜひ紹介したい。
 その映画とは、F1レースをテーマにした「Rush ラッシュ╱プライドと友情」。ジェームス・ハントとニキ・ラウダという2人の伝説ドライバーによる熾烈な戦いとその人生を、ロン・ハワード監督が実話を元に映画化した作品である。ストーリーや映像も素晴らしいのだが、特にハンス・ジマーが担当した音楽が、レースの臨場感やレーサーの人生をエモーショナルに描いており、文句なしの傑作。ドライブミュージックとしても最高の一枚となっている。

 プレーボーイで自由奔放な性格、直感型な走りをするジェームズ・ハント。メカを熟知し冷静な判断力を備え、その走りはコンピューターと云われたニキ・ラウダ。火と水のごとく正反対のキャラクターを持った宿命のライバルが、富士スピードウェイでチャンピオン決定戦を競い合った劇的な1976年。F1レース史上、伝説といわれる年を映画は描いている。

170601-2-2.jpg

1984年のニキ・ラウダ(左)。76年の大事故の後遺症が顔に残っている。© picture alliance / Sven Simon。1976年のジェームス・ハント(右)。© picture alliance / Hartmut Reeh

→ 次ページ:
アカデミー賞受賞作家ハンス・ジマーがサントラを担当