2017年06月02日 18:00 掲載

ニュース・プラス JNCAP2016最新結果!
自動ブレーキ等の
性能ランキング発表!


平成28年度予防安全性能ランキング4~7位

 続いては4~7位を紹介する。なお同点の場合は、対歩行者の得点が高い方を上としている。またレーザー測距用機器の表記はメーカーによってLIDAR、レーザーレンジファインダなどと異なるが、ここではNASVAの発表資料に合わせてレーザーレーダーで統一した。さらに、試験が長期間に及ぶため、最も販売されているグレードが変わる場合もあり、2種類で試験されている車種もある。

4位:インプレッサ/XV 合計68.9点(97.0点)

対歩行者:22.9 対車両:32.0 はみ出し:8.0 後方視界:6.0

試験に使用したグレード:インプレッサ 2.0i-L EyeSight 搭載センサー:ステレオカメラ
※インプレッサとXVは車名とセグメントが異なるが、ベースが同一なので姉妹車という扱い。

5位:レヴォーグ/WRX 合計68.5点(96.5点)

歩:22.5 車:32.0 は:8.0 後:6.0

グレード:レヴォーグ 1.6 GT-S EyeSight、レヴォーグ 1.6GT EyeSight センサー:ステレオカメラ
※レヴォーグととWRXは車名とセグメントが異なるが、ベースが同一のために姉妹車という扱い。

6位:ソリオ/同 バンディット(スズキ) 合計68.1点(95.9点)

歩:22.3 車:31.8 は:8.0 後:6.0

グレード: 2.0i-L EyeSight センサー:ステレオカメラ
※OEMのデリカD:2/同カスタム(三菱)も同様

7位:プリウス/同 PHV 合計68.1点(95.9点)

歩:22.1 車:32.0 は:8.0 後:6.0

グレード:A"ツーリングセレクション" センサー:単眼カメラ+ミリ波レーダー

np170530-01-09.jpg

(左上)4位のスバル「インプレッサ」。EyeSight Ver3を搭載。(右上)5位のスバル「レヴォーグ」。こちらもEyeSight Ver3を搭載する。(左下)6位のスズキ「ソリオ」。EyeSightの兄弟機である日立製ステレオカメラを搭載。(右下)7位のトヨタ「プリウス PHV」。プリウス系は単眼カメラとミリ波レーダーを併用。

→ 次ページ:
予防安全性能ランキング8~11位を掲載!

JNCAP関連記事