2017年05月30日 16:20 掲載

ニュース・プラス 【人とくるまのテクノロジー展:その2】
マツダは色にこだわり、
スバルは世界共通PFを公開!


 5月24日~26日開催の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017 横浜」(パシフィコ横浜)を取材、自動車メーカーやパーツサプライヤー、そのほかさまざまな自動車に関するテクノロジーをシリーズで紹介する。

 今回は、マツダ、スバルをお届けする。


マツダのボディーカラーと塗装へのこだわり!

 マツダブースで注目したいのは、同社のボディーカラーの新色や塗装技術の開発を解説したコーナー。

 マツダは2010年にデザインテーマ「魂動(こどう) -Soul of Motion」を採用して以降、「カラーも造形の一部」という思想の下、まさに人の魂をも震わそうという意気込みで部署の垣根を越えて全社的に新色の開発を進めている。そんな同社が開発した最新の"赤"が、「ソウルレッドクリスタルメタリック」だ。

np170526-01-01 .jpg

ソウルレッドクリスタルメタリックによる塗装サンプル。光が当たっている部分は彩度がある一方、影の部分は目に見えて暗くなる。この画像では、ブース上方からのライティングに加え、撮影時に斜め下からフラッシュを当てているため、明暗が少し複雑な形をなしている。

 「ソウルレッド」は同社のイメージカラーのひとつだ。ソウルレッドクリスタルメタリックはその最新版であり、2016年11月に発表され、国内では2017年2月から発売となった新型「CX-5」で初採用となった。魂動のカラーとしては第3弾となる。

 同社の赤は、初期の「トゥルーレッド」から始まり、「ヴィンテージレッド」、「ヴェロシティレッド」、「カッパーレッド」、「ジールレッド」などさまざまなバージョンが開発されてきた。

 トゥルーレッドの美点はハイライトの彩度があること、つまり鮮やかだということだ。だが、陰影性が極端に低いことが大きな弱点である。立体感がなくなってのっぺりとしてしまうため、ボディの細かい造形をわかりにくくしてしまうところがある。

np170526-01-02.jpg

トゥルーレッドのサンプル。フラッシュも上側から当てているので、下側が暗くなるはずだが、ほとんど差がないので3次元的に見えず、平面にすら見えてしまう。

 そんなトゥルーレッドに対して、陰影性を求めて開発されたのがジールレッドである。陰影はついて立体感が出るようになったのだが、今度は鮮やかさがなくなり、トゥルーレッドと比較すると地味になってしまった。

np170526-01-03.jpg

ジールレッドマイカ。フラッシュも上からなので下側が暗くなっており、とても立体的。ただし、下側に見えているトゥルーレッドのような鮮やかさはない。

 トゥルーレッドの鮮やかさとジールレッドの陰影性という、両者の優れた部分を備えた、まさに理想の赤を求めて開発されたのが、2012年11月20日に発売を開始した3代目「アテンザ」で採用された「ソウルレッドプレミアム」だ。

 それでも満足せず、さらに鮮やかさと陰影性の両方を追い求めたその進化形が、ソウルレッドクリスタルメタリックというわけだ。

np170526-01-04.jpg

ソウルレッドクリスタルメタリック、ジールレッド、トゥルーレッドの塗装サンプル。3つ並べると、ソウルレッドクリスタルメタリックは明るい部分がトゥルーレッドの鮮やかさに近い上に、陰影がジールレッドのようについているのがわかりやすい。

→ 次ページ:
マツダの新色開発にさらに迫る!