2017年05月27日 02:50 掲載

ニュース・プラス 【人とくるまのテクノロジー展:その1】
トヨタはPHV、日産は「e-POWER」、
ホンダは自動運転


np170525-01-01.jpg

 5月24日~26日開催の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017 横浜」(パシフィコ横浜)。26回目となる今回は、過去最大規模の562社が出展。自動車メーカーやパーツサプライヤー、そのほかさまざまな自動車に関するテクノロジーをシリーズで紹介する。まずは国内3大メーカーからお届けだ。


トヨタは「プリウスPHV」に搭載されたさまざまな技術を披露

np170525-01-02.png

画像1。トヨタブースは、パワートレインやバッテリーなど、「プリウスPHV」を構成する主要機器をほぼ実機の通りに配置した展示物が縦に配置されていた。(1)ワンウェイクラッチ。(2)トランスアクスル。(3)ジェネレーター。(4)パワーコントロールユニット。(5)補機バッテリー。(6)エンジン。(7)パワーケーブル。(8)廃熱回収装置。

 トヨタブースでは、新型「プリウスPHV」に搭載された技術と、TNGA(Toyota New Global Architecture)で開発されたエンジンやATミッションなどのカットモデルが紹介されていた。

np170525-01-08.jpg

新型プリウスPHV。なお、今回は実車は展示されていない(「スマートコミュニティJapan 2016」で撮影)。

np170525-01-06.png

画像1の画面右側、車両の後部側の機器類。(1)充電ユニット。(2)パワーケーブル。(3)駆動用バッテリー(リチウムイオン)。(4)燃料タンク。(5)充電器。(6)AC100Vインバーター。(7)ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション。(8)ソーラーバッテリー(ニッケル水素)。この下には「ソーラーECU」があり、オレンジ色のパワーケーブルはそちらにつながっている。(9)普通充電インレット(100V/200V)。(10)急速充電インレット。(11)充電テーブル。

 新型プリウスPHVの特徴のひとつであるソーラーパネルは、基本的には住宅用と同じものだそうだが、ルーフの形状に合わせて曲面を描いているところが大きな特徴。ソーラーパネルは普通なら曲げると簡単に割れてしまうが、そこを技術でもって実現している。ただし残念なことに、その技術は公開されていない。

np170525-01-04.jpg

新型プリウスPHVの特徴のひとつが、ルーフのソーラーパネル。丸々1日充電したとすると、JC08モードでの走行距離で平均して2.9km分を充電できるという。ソーラーパネルだけの発電で充電ゼロの状態から満充電にするには、毎日快晴だとしても1週間はかかるそうである。実際には曇りや雨もあることを考えれば、10日から2週間ぐらいはかかる模様。

→ 次ページ:
新型「プリウスPHV」に搭載の新技術にさらに迫る!