ニュース・プラス 【動画あり】
旭化成×GLMの異色コンビによる
EVコンセプトカー(+Cガール)がスゴイ!

2017年05月19日 16:20 掲載

np170913-03.jpg

GLMがEVスポーツカー「トミーカイラZZ」のプラットフォームをベースに、旭化成の製品・技術27種類を投入したボディを組み合わせたコンセプトカー「AKXY(アクシー)」。傍らに立つのは、旭化成グループキャンペーンガールの大伴理奈さん。最終ページにも彼女の笑顔をアップで掲載!

 旭化成というと化学・マテリアル系のメーカーというイメージが強い。一般的にはクルマと直接はあまり結びつかないが、実際のところは各種マテリアルを素材として各部に使用しているクルマも少なくなく、縁が深かったりする。

 そんな旭化成が、「ユーザーと共に未来の価値を創造する関係をいっそう強く構築していきたい」という思いを込めて、国産EVメーカーのGLMと共同開発したのが、5月17日に発表した実走行が可能なコンセプトカー「AKXY(アクシー)」だ。AKXYとは、「Asahi Kasei X(かける) You(顧客)」の頭字語である。

np170517-02-03.jpg

フロントビュー。かなり丸みを帯びているのがわかる。ボンネット部分の開口部は、リアビューと合わせて、「呼吸」をイメージしたデザインだという。

np170517-02-04.jpg

サイドビュー。直線的なラインで構成されており、未来的なイメージだが、ルーフラインは流れるような曲線のクーペスタイル。

np170517-02-05.jpg

リアビュー。こちらもまた曲面で構成される。フロント部分と合わせて呼吸をイメージしたデザインになっている。

→ 次ページ:
AKXYのプラットフォームについて!