ニュース・プラス 欧州ドライブに行くなら必読。
速度無制限!?のアウトバーンは、
こんな高速道路だ。

2017年05月15日 13:25 掲載

 日本ではGWの帰省ラッシュがまだ記憶に新しいが、そんな中、早くも次の夏休みの旅行の予定を立てている人も多いのではないだろうか。もし、ヨーロッパを車で旅行する予定を立てているなら、ドイツのアウトバーンはとても気になる存在だろう。何しろ、夢の?速度無制限。走ったことがないと、いったいどうなってるんだろうと思いがちだが、意外と普通の高速道路でもある。そこで、よく聞くドイツのアウトバーンについての話をまとめてみた。

170512-1.jpg

©dpa

アウトバーンっていつからあるの?

 アウトバーンは、1933年、ヒトラーによる自動車道路網の建設から始まった。これが世界で初めての本格的な高速道路になっていくのである。ちなみに、一部区間は、飛行機を離陸させるための滑走路としても利用できるよう設計されたという。

 長距離走行を考慮してパーキングエリアを設置するなど、アウトバーンの仕様は、戦後、世界各国の高速道路のモデルになっていく。またアウトバーンは、ドイツを世界屈指の自動車大国に成長させる礎としての役割を果たしていった。

 Autobahn(アウトバーン)の呼称は、ドイツ、スイス(のドイツ語圏)、オーストリアの高速道路に使われ、総距離は2016年の時点で12,993km、今でも延伸し続けている。ドイツ全土を網の目のように網羅し、ヨーロッパ隣国の高速道路と連結している。

→ 次ページ:
最高速度記録のテストコースだったことも