2017年05月09日 10:00 掲載

ニュース・プラス 今秋、京王が新型5000系投入!
初の座席指定対応車両。
5月19日まで愛称募集中!!


np170502-02-01.jpg

5000系のイメージ。フロントフェイスは空力を考慮した特急タイプに見えるが、ドア数は4つと通勤・近郊型。京王電鉄の高尾線や相模原線を走る車両の多くは濃いピンク(マゼンダ)と紺のツートンのラインが車両中央にあしらわれているが(井の頭線は異なる)、5000系は濃いピンクのラインが車体上部に入るのが特徴的。

 鉄道大国の日本では、JR、大手私鉄、地下鉄などで毎年さまざまな新型車両が投入されている。新宿と多摩方面を結ぶ私鉄・京王電鉄も2017年に新型車両「5000系」を導入する予定で、9月から運行開始の予定だ。

1編成10両固定の5編成が運行の予定

 車両は1編成10両固定となり、5編成50両が製造される。製造を担当するのはJR東日本の100%子会社の総合車両製作所(J-TREC)だ。5000系も山手線の新型車両E235系(関連記事はこちら)と同じく、J-TRECの次世代ステンレス車両シリーズ「sastina(サスティナ)」のひとつである。

 また外見に関しては、同社の既存車両との違いを明確化するため、フロントフェイスはシャープなイメージを採用。カラーリングも黒を用いることでスマートさを表現したという。

車上蓄電池システムで停電時も短距離の走行が可能に

 機構的な特徴としては、新開発の「車上蓄電池システム」が挙げられる。

 同システムとは、電車がブレーキをかけた際に発生する回生電力をバッテリーに蓄え、走行時に電力として供給するというもの。回生電力の利用効率を高めて、走行電力のさらなる削減を図ることが目的だが、停電時にはバッテリーの電力だけで自力走行し、橋梁などで停止してしまった場合に短距離なら移動できるようにしている。

 そのほか、省エネ化を図るため、車内にLED照明が採用されているほか、新型VVVF(可変電圧可変周波数方式)インバータ制御装置も搭載されている。

→ 次ページ:
5000系のふたつの顔に迫る!