2017年05月02日 18:00 掲載

ニュース・プラス 山手線の最新車両E235系の
スタイリッシュデザインの秘密は
新開発の透明フィルムにあった!


np170502-01-01.jpg

通勤型車両の最新モデルで、山手線に最初に導入されるJR東日本のE235系。従来の横方向のカラーラインだとホームドアの設置が進んでいて見えにくくなってきたため、ドア部分に縦方向にカラーリングが施されている。製造は、JR東日本の100%子会社である総合車両製作所(J-TREC)。J-TRECの次世代ステンレス車両「sustina」シリーズのひとつ。写真提供JR東日本。

 現在、JR山手線に最新車両のE235系通勤型車両の量産先行車1編成11両が走っているのをご存じの方も多いだろう。ニューヨークの地下鉄用車両としても走れそうな、ちょっとソース顔の雰囲気をしたフロントフェイスが特徴である。

 「乗客と社会とコミュニケーションする車両」をコンセプトに、サービスの向上、安全性・安定性の向上、環境性能の向上を掲げるE235系は、2015年から量産先行車の1編成が現行のE231系500代に混じって走ってきた。

 そして、この5月22日からはいよいよE235系の量産車の導入が始まる。量産車は、量産先行車で得られた要望などをもとに、荷棚が5cm低くなっているなど、利便性が改善されている。

 今後のE231系からE235系へのリプレースのスケジュールだが、まず17年度中に15編成が入れ替わる。そして、20年までに残りの34編成が交代する計画だ。最終的にE235系は、量産先行車も含めて全50編成550両がE231系500代と入れ替わるのである(E231系500代はホームドアにも対応できる保安装置の追加といった改造工事を経て、中央・総武緩行線へ順次転用される計画)。

np170502-01-02.jpg

現行のE231系500代。E231系も省エネ性が特徴(電力消費量は、JR発足1987年当時に通勤型の主力だった103系の47%)だが、E235系は電力ロスの低減と、ブレーキ時の回生エネルギーの増加を目的として次世代半導体素子と呼ばれる「SiC」を採用しており、E231系よりもさらに消費電力が抑えられているという。なお数字の前につく「E」がつく車両は、JR東日本の車両であることを示す。

→ 次ページ:
ステンレスボディのメリット・デメリットは?