ニュース・プラス フルオーダーメイドはいかが?
靴作りに3Dプリンターを導入し、
従来の半額を実現。

2017年05月03日 掲載

靴のフルオーダーメイドの革命か!?

 誰でも経験があるだろうが、本当に自分の足にすべての部分でフィットした靴というのは、なかなか見つからない。どこかしら妥協しているだろう。

 それは、既存の靴はいうまでもなく量産品であるためであり、平均的な形状をベースにサイズのラインナップを用意している作り方だからだ。しかし、足の形状はそれこそ十人十色であり、同じ形状の人はいないといっていい。そのため、お金に糸目をつけないのであれば、自分の足を採寸してオーダーメイドするのが一番である。

 しかし、職人によるフルオーダーメイドとなると、安くても十数万円はするといわれる。いくら足にピッタリで歩きやすいとはいえ、なかなか靴に十数万円はかけられない。

 そこで同社はフルオーダーメイドの製造工程に3Dプリンターを導入。さらに、足の立体的な形状を手早く計測するための3D計測機器も導入した。

 計測機器で3Dスキャンして3DCADデータを作成し、それを用いて3Dプリンターで木型(厳密には樹脂だが)を作り、顧客それぞれの足にフィットした靴を作るというわけだ。その結果、プレーンパンプスなら6万円という従来の半額になったのである!

 なお、どんな靴でも対応してくれるかというと、現在のところは女性用のパンプスのみ。ただし同社に確認したところ、時期は未定だが、将来的には男性用の革靴などにも対応していきたいとしている。

np170501-01-03.jpg

対応しているのはパンプスということだが、いわゆるハイヒールも含む。ホームページより抜粋。

→ 次ページ:
同社のサービスを利用するには?