ニュース・プラス 「ちょい乗り」の次は「相乗り」。
タクシーの相乗りが試験導入へ

2017年04月25日 17:30 掲載

 国土交通省は4月21日、タクシーの利用を促すため、目的地が近い複数の利用客が1台のタクシーに乗る「相乗り」を認める方向で、今年度中に東京などの都市部で、実証実験を行うことを明らかにした。

170424-3-1.jpg

© Daimler AG

 タクシーといえば、今年1月、東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)の初乗り運賃(約1Kmまで)が、700~730円から380~410円に引き下げられたばかりである。

 国土交通省によると、初乗り運賃を引き下げた結果、短期間でのタクシーの利用者は増えているということだ。しかし、同時にタクシーの利用者がこの10年ほどの間で30%近く減っているとしており、利用を増やす取り組みを進めている。

→ 次ページ:
タクシーの利用は30%