2017年04月11日 18:20 掲載

ニュース・プラス ネコ(科)好きを悩殺!?
双子の赤ちゃんライオンを
富士サファリで抱っこできる!


np170411-01-01.jpg

じゃれあう双子の赤ちゃんライオン。ライオンは成長が早いが、3月21日生まれなので、1か月齢にもなっておらず、まだまだ赤ちゃん。

 春は新しい命の時期。当サイトの人気コンテンツ「日替わりアニマルみるみる」で写真を提供してくれている富士サファリパークでも、3月21日に「おめでた」があった。双子のライオン(どちらもメス)の赤ちゃんが生まれたのだ!

ミルクをたくさん飲んでグングン成長中!

 2頭は、誕生時は体長が約30cm、体重が約1.2~1.3kgだった。現在は温度管理された室内で1日に4回のミルクを飲んで順調に成長中。約3週間経った4月9日現在で、体長は約40cmに、体重は倍の約2.4~2.5kgになった。まさにスクスク成長しているという具合だ。

np170411-01-02.jpg

ミルクを飲む赤ちゃん。いっぱい飲んで、グングン成長している。

 ちなみに名前はまだつけられておらず、同パークでは今後成長していく中でその性格などを見て、数ヶ月後に決めたいとしている。

np170411-01-03.jpg

ミルクを飲んだ後らしく、口の周りにミルクがついている。赤ちゃんらしい。

→ 次ページ:
この赤ちゃんたちを見たい! という人に朗報!!