ニュース・プラス 【モーターサイクルショー2017】
普通自動車免許で運転OK!
大型トライクでワイルドにいこう!!

2017年04月07日 17:30 掲載

 トライク(3輪車)は車両分類としてはバイクに含まれ、車庫証明や取得税が不要である。しかし、道交法的にはクルマと同等の扱いとなっており、普通自動車免許で運転可能だ(ただし3輪車ではあっても、左右の2輪の間隔が460mm未満の「特定2輪」に分類される車種は普通自動車免許では運転不可)。

 3月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催された第44回 東京モーターサイクルショーでも、そうしたトライクが複数出展されていたので、紹介しよう。

ハーレー・ダビッドソンは2種類のトライクを展示

 大排気量の大型アメリカン・バイクの代名詞的存在であるハーレー・ダビッドソン。その日本法人ハーレー・ダビッドソン・ジャパンは、トライクを2車種出展した。どちらも1745ccという普通車並みの排気量のエンジンを搭載するが、同社はエンジンのスペックに関して最大トルクのみを表示するというスタンスを通しており、そのため最高出力の表示はない。

TRI GLIDE ULTRA

np170404-02-01.jpg

全長2670mm×全幅1390mm×全高1430mm、ホイールベース1670mm、車重560kg。最大トルク151N・m/3250rpm。価格438万7600円(税込)から。

FREEWHEELER

np170404-02-02.jpg

全長2615mm×全幅1405mm×全高1150mm、ホイールベース1670mm、車重507kg。最大トルク150N・m/3250rpm。価格357万2000円(税込)から。

→ 次ページ:
国内の専門店のオリジナルトライクを紹介!