2017年03月28日 18:15 掲載

ニュース・プラス 【動画あり】
巨大シールドマシンが掘り進む!
首都高「横浜環状北西線」

横浜の道路事情を解消するために建設された自動車専用道路が、3月18日に開通したばかりの横浜北線だ。そしてこの3月27日にシールドマシンの発進式が行われた首都高「横浜環状北西線(仮称)」(北西線)も、大いに期待されている1本である。北西線は、港北ICから東名高速・横浜青葉ICまでの約7.1kmをつなぐルートで、横浜北線を延伸するイメージだ。

np170328-01-01.jpg

首都高・横浜環状北西線のシールドマシン発進立坑(たてこう)を上から見たところ。右の白い円筒状のものがシールドマシンで、第三京浜と合流する港北IC(横浜港北JCT)から東名高速と合流する横浜青葉IC行きの車線のもの。こちらは4月中旬の発進予定。奥がその反対車線のもので、こちらが3月27日に出発した。

 この3月18日16時に、首都高・横羽線(生麦JCT)と第三京浜(港北IC)をつなぐ首都高「横浜北線」が開通したことは、ご存じの方も多いことだろう(建設中のリポート記事はこちら)。

 現状、横浜は港湾部と内陸部をつなぐ幹線ルートが少ない。保土ヶ谷バイパスと首都高・三ツ沢線もしくは狩場線を通る2ルートしかないため、特に保土ヶ谷バイパスへの交通の集中が厳しい状況だ。国土交通省発表の2010年度「道路交通センサス」によれば、昼間12時間の交通量が10万4846台で一般道の全国1位となっている。24時間だと17万台にもなるという。

横浜の内陸部と港湾部を結ぶ道路事情を一変させる切り札!

 そんな横浜の道路事情を解消するために建設された自動車専用道路が、3月18日に開通したばかりの横浜北線だ。そしてこの3月27日にシールドマシンの発進式が行われた首都高「横浜環状北西線(仮称)」(北西線)も、大いに期待されている1本である。北西線は、港北ICから東名高速・横浜青葉ICまでの約7.1kmをつなぐルートで、横浜北線を延伸するイメージだ。

np170328-01-03.jpg

横浜の主要道路網。東京から放射状に広がる道路網と港湾部は発達しているが、港湾部と内陸部をつなぐ幹線が保土ヶ谷バイパスのみであり、北西線が重要であることがよくわかるはずだ。

 北西線が開通すると、保土ヶ谷バイパスの交通量が4万台減の1日13万台になると見積もられている。交通量が減れば、道路周辺の環境や交通事故などの面でもプラスなのは確実だ。

 もちろん移動に要する時間も大幅に短縮される。横浜青葉ICから港湾部の大黒ふ頭までが約20分で走れる計算となり、保土ヶ谷バイパス経由による現状の40~60分と比較すると、半分から3分の1の時間になる。内陸部と港湾部の距離が一気に縮まって人とモノの移動に多大な好影響を与えるのは必至なのだ。

→ 次ページ:
北西線はどんな高速道路?

首都高・神奈川7号横浜北西線関連記事