2017年03月07日 19:20 掲載

ニュース・プラス もはや走る高級ホテル!?
JRバス関東と西日本JRバス、
3月末からドリーム号の最上級車導入


バスのシートとは思えない豪華なプレシャスクラス

np170307-01-04.jpg

プレシャスクラス。バスであることを忘れてしまいそうなほどゴージャスな作りのシート。公式動画より抜粋。

 1車両中で4席しかないプレシャスクラスは、パーティションとカーテンで隣や前後と区切られており、前後席や隣席との距離も大きく取ってあるので、もはや個室に近いような雰囲気のシート。夜行バスでは周囲の人にどうしても寝顔を見られてしまうわけだが、それを極力防げる作りとなっている。

 プレミアムドリーム号で評判の最上級のプレミアムシートが採用されており、足を伸ばすだけでなく寝返りを打つことさえ可能だ。その上レッグレストにはヒーターが設置されるので、冬場の利用でも足元からの冷えとは無縁でいられる。

前後に余裕のあるアドバンスクラス!

np170307-01-06.jpg

一般的な夜行バスは4列シートが一般的であることを考えれば、どれだけ左右幅に余裕があるか想像しやすい。また隣席との間にはカーテンが用意され、プライバシーが配慮されている。公式動画より抜粋。

 1車両中に14席あるアドバンスクラスのシートは、グランドリーム号で採用されている、ゆりかごの快適さを目指して開発された新型クレイドルシートをベースにしたものだ。リクライニング機能の向上により、快適性がさらにアップしているという。

 なおかつ、アドバンスクラスも全席ともに前後の間隔(シートピッチ)が1m以上確保されており、足をゆったり組んだり伸ばしたりが可能だ。

 さらに、アドバンスクラスも1席ごとに座席の左右を仕切るカーテンが用意されており、プライバシーが配慮されている。

→ 次ページ:
気になる運賃や運行ダイヤは?