2017年01月05日 11:56 掲載

ニュース・プラス 自動運転NEXTでクルマが親友に!
CESで発表のトヨタ「Concept-愛」、
ドライバーとのフリー会話も


np170105-01-01.jpg

クルマからパートナーへ。キャラクター性を持つクルマ、「Concept-愛」が2017年のCESに出展

 トヨタは日本時間の1月5日、米ネバダ州ラスベガスで開催されているCES(インターナショナル・コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)において、AIを利用することでクルマにキャラクターを持たせ、これまで以上にドライバーのパートナーとなれるような機能を備えたコンセプトカー「Concept-愛(コンセプト・アイ)」を披露した。

 車両デザインは米国デザイン拠点「Calty Design Research, Inc.」が担当。インパネ中央部に位置するAIエージェントシステムを起点としながら、車体外装にまでインパネの意匠が連続する、シームレスなスタイリングの「INSIDE OUT」をデザインテーマとしている。

np170105-01-02.jpg

インパネ中央部から車体外部まで意匠が連続するデザインとなっている。

 ドライバーのユーザー体験の中核となるエージェントは、車内外でキャラクター表現・感情表現などを行うだけでなく、クルマから離れたネットワーク上の各種端末でもコミュニケーションできる。ドライバーが、人を理解するエージェントと長く共に活動することで、両者の距離を近づけ、従来の人とクルマの関係を超えたパートナーのような関係を構築できることを目指すとしている。

np170105-01-03.jpg

文字による表現のほか、ヘッドライトを目に見立ててウィンクするなども。そちらは最終ページの動画でご覧いただける。

 なお、主要諸元は以下の通りだ。

全長/全幅/全高(mm):4430/1830/1475
ホイールベース(mm):2700
乗車定員:4人
パワートレーン:ゼロエミッションのパワートレーンを想定(EVやFCVなど)

→ 次ページ:
Concept-愛に搭載されるAIの特徴