2016年12月28日 11:01 掲載

ニュース・プラス トミカで厄除け!?
桃太郎も金太郎も姫もクルマになった。
「トミカむかしばなし」登場!


np161228-02-01.jpg

前列4台左から、一寸法師(ホンダ「S660」)、鬼(GM「ハマーH2」)、桃太郎(トヨタ「iQ」)、金太郎(スズキ「ハスラー」)、後列4台左から、姫(スバル「360」)、キジ(ホンダ「VFR」)、サル(ホンダ「N-ONE」)、イヌ(ダイハツ「コペン」)。

 1970年以来の長い歴史を持ち、子どもから大人まで3世代にわたって人気のタカラトミーの「トミカ」に、日本の昔話をテーマにした「トミカむかしばなし」が、本日12月28日より発売となる。

 トミカむかしばなしは全8車種が用意されており、シリーズとして統一デザインされたパッケージを採用。開けるまでは何が入っているのかはわからないという方式が採用されている。また小吉・中吉・大吉のおみくじも付いており、新年初めの運試しも楽しめる内容となっている。

 全8種のラインナップは以下の通り。

桃太郎:トヨタ「iQ」
イヌ:ダイハツ「コペン」
キジ:ホンダ「VFR」
サル:ホンダ「N-ONE」
鬼:GM「ハマーH2」
金太郎:スズキ「ハスラー」
一寸法師:ホンダ「S660」
姫:スバル「360」

 今回は、「鬼退治」にかかわる有名な話から選ばれており、その代表的な話である「桃太郎」と3匹のお伴、そして「一寸法師」、「金太郎」、さらにお姫様と鬼そのものという具合になっている。

→ 次ページ:
塗装がいつもと異なる雰囲気!