2016年12月29日 10:20 掲載

ニュース・プラス 初詣は14~15時がコミコミ。
スマホの位置データで調べた
初詣情報がなかなか役に立つ!


来訪者の居住地も確認できる

np161228-03-04.jpg

3日14~17時台での来訪者の居住地別構成。明治神宮は浅草寺と比較して東京都下や神奈川が多い。浅草寺は逆に埼玉、千葉、そして1都3県以外が多い。

 そのほか、来訪者の居住地に関しては、明治神宮は東京23区外や神奈川県から、浅草寺は千葉県や埼玉県、さらには1都3県以外からの来訪者が比較的多い傾向にあることもわかっている。これは、居住地からのアクセスのしやすさが影響していると考えられるという。

 明治神宮に関しては、東京メトロの明治神宮駅を通る千代田線が小田急と相互乗り入れしているほか、JRの最寄り駅である山手線の原宿駅は、東京23区外と都心を結ぶ中央線から新宿で乗り換えて2駅といった点が影響している、ものと予想される。

 また浅草寺の最寄り駅である浅草駅は、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の始発駅であると同時に、都営地下鉄浅草線も通る(そのほか東京メトロ銀座線の始発駅でもある)。東武スカイツリーラインは埼玉県の東部を縦断して群馬や栃木まで延びており、都営浅草線は千葉方面を走る京成(押上)線と直通運転しているという具合だ。

 今回の調査結果から、人出に関しては人間心理として納得できるところがあり、全国どこの神社やお寺でも当てはまる確率が高いと思われる。端的にいえば、「みんなが行きたがらない時間帯」を選べば混雑に遭遇しにくいということであり、2017年の参拝の参考にしてみてはいかがだろうか。

2016年12月28日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

関連記事