ニュース・プラス 【動画あり】
グリップしながらドリフト感覚。
不思議な「i-ROAD」が街を走る!

2016年08月09日 10:07 掲載

バイクに見えるけど操作系はクルマ

 i-ROADは一見するとバイク風だが、前2輪・後1輪のリバーストライク、つまり3輪車である。道路交通法上はミニカーで、運転には普通免許が必要。二輪車の免許では乗ることができない。また、道交法上はほぼ普通自動車と同じなので、ヘルメット着用の義務はない。

 運転系も、ステアリングがあって、足下にアクセルとブレーキのペダル類が用意されており、完全にクルマ型。バイクやオート3輪のようなバー型のハンドルではない。

 また、これまでのトヨタのパーソナルモビリティは1人乗り用だったが、今回のi-ROADで初めて2人乗り(タンデム)が可能となった。

NP160809-01-06.jpg

運転席周り。後席へは、運転席を前にスライドさせて乗り込む。

 スペックは以下の通り。

全長:2350mm
全幅:850mm
全高:1445mm
ホイールベース:1700mm
空車重量:300kg(積み荷、乗員などを除いた重量)
タイヤサイズ
 フロント:80/80R16
 リア:130/70R10
乗車定員:2名
最小回転半径:3.0m
パワートレイン:電動モーター(2kw×2個)
最高速度:時速45km
1充電走行距離:50km(時速30kmでの低速走行時の目標値)
バッテリー:リチウムイオン電池

→ 次ページ:
まずは後席で同乗試乗!